LEオーディオ

次世代Bluetooth ®オーディオ

20年にわたる技術革新を基に、Bluetoothオーディオのパフォーマンスを高め、さらに補聴器対応機能やオーディオシェアリング機能を追加しました。オーディオシェアリングは、従来のオーディオ体験や私たちを取り巻く世界との繋がりを一新する可能性を秘めた革新的機能です。

 

LEオーディオとは

LC3コーデック、マルチ・ストリーム・オーディオ、補聴器対応機能等、次世代Bluetoothオーディオの主な特徴について説明します。さらに、ブロードキャスト・オーディオが実現するオーディオシェアリング機能についてもご紹介します。

Bluetooth Low Energy 採用

名前からも分かる通り、Classic AudioはBluetooth Classic Radioで稼働するのに対し、LEオーディオはBluetooth LE(Low Energy) Radioで稼働します。Classic Audio規格の製品やユースケースにも対応しながら、さらなるパフォーマンス向上を実現し、新たな製品やユースケースを生み出すことができるエキサイティングな新機能を追加しました。

LC3コーデック

LE オーディオは、高品質・低電力の新オーディオコーデックLC3(低複雑性コミュニケーションコーデック)を採用しています。低ビットレートでも高音質を維持するLC3は、開発者に非常に高い柔軟性を提供するため、オーディオ品質や消費電力などの間で発生するトレードオフを調整し、バランスのとれた設計を可能にします。

 

大量のリスニングテストの結果により、LC3はたとえビットレートが50%低くても、オーディオ品質においてClassic AudioのSBCコーデックを上回ることが裏付けられました。開発者はこの省電力性を利用して、よりバッテリー寿命が長い製品を作ることができます。製品のバッテリー寿命が既に十分に長い場合は、小型化されたバッテリーを使うことで、より小さいフォームファクターの製品を開発することができます”

マンフレッド・ルツキー
フラウンホーファーIISの通信オーディオ責任者

マルチストリーム

マルチ・ストリーム・オーディオ技術によって、スマートフォンやオーディオシンクデバイスなどの複数台のオーディオソースデバイス間で、オーディオストリーミングによるマルチ配信、独立配信、同期配信が実現します。

 

マルチ・ストリーム・オーディオ機能を使用することで、開発者はトゥルーワイヤレスイヤホンなどの製品パフォーマンスを改善することができます。例えば、より良い立体音響の生成、よりシームレスな音声アシスタントサービスの提供、複数台のオーディオソースデバイス間のスムーズな切り替えも可能になります”

ニック・フン,
WiForeコンサルティングのCTO
の椅子 Bluetooth SIG 補聴器ワーキンググループ

Bluetooth補聴器としての機能

低消費電力、高品質、マルチストリーム機能を備えるLEオーディオは、補聴器用機能もサポートしています。Bluetoothオーディオは、これまで世界の大多数の人々に大きな恩恵を与えてきました。ワイヤレス通話や音楽・映像のワイヤレス視聴によって、人々は多くの安全性、生産性、娯楽性を獲得しました。LE オーディオは、日々増加する耳の不自由な人々に、Bluetoothオーディオの持つ全ての価値を提供するBluetooth補聴器の開発を可能にします。

補聴器や人工内耳を使用する人々にとって、LE オーディオは最も重要な技術革新の一つとなるでしょう。EHIMAのエンジニアは、耳の不自由な方のオーディオエクスペリエンスを向上させるために、自らの専門知識を注ぎ込みました。これにより数年以内に、ほとんどの電話やテレビの新製品は、難聴者も健聴者と同じように使用できるようになるでしょう”

ステファン・ジマー
愛媛事務総長
欧州補聴器製造業者協会

ブロードキャスト・オーディオ機能

ブロードキャスト・オーディオ機能を追加したことで、一台のオーディオソースデバイスが一つ以上のオーディオストリームを無制限の数のオーディオシンクデバイスにブロードキャストできるようになりました。ブロードキャスト・オーディオは、新しいBluetooth活用法であるオーディオシェアリングなど、革新のための重要かつ新しい機会を生み出しました。

オーディオシェアリング

Bluetoothオーディオシェアリング機能は、パーソナルベースとロケーションベースの両方に対応します。パーソナルオーディオシェアリングでは、スマートフォンの音楽を家族や友人とシェアするなど、Bluetoothオーディオ体験を周囲の人々と共有することができます。一方、ロケーションベースのオーディオシェアリングでは、空港、バー、ジム、映画館、カンファレンスセンターなどの公共施設において、Bluetoothオーディオをシェアして、来場者のオーディオエクスペリエンスを向上させることができます。  

ロケーションベースのオーディオシェアリングは、私たちの身の回りのオーディオ体験を一変させるポテンシャルがあります。例えば、公共施設にあるサイレントモードのテレビの音声を受信できるようになるほか、劇場や講堂などで、耳が不自由な方向けの音声サポートや多言語音声サービスにより、オーディオをシェアできるようになります”

ピーター・リュウ
ボーズ株式会社
のメンバー Bluetooth SIG 取締役会

関連リソース

4 組み込みワールド 2020 から見なければならないプレゼンテーション

組み込みシステムの主要な国際見本市、エンベデッドワールド2020は..

次世代のプレビュー Bluetooth オーディオ

次世代を通じて主要な貢献者ガイド開発者を見る Bluetooth オーディオ(を含む)。

ケイデンスがLEオーディオを使用して市場の課題を解決する方法

世界で最も革新的な企業の一部にサービスを提供するケイデンスは、インテリジェントシステムデザインを活用しています。

LEオーディオが難聴の人々に早期介入をもたらす方法

難聴に関するアクションを持つジェサル・ヴィシュヌラムは、LEオーディオがどのように持つことができるかを探ります.

難聴の人に選択肢をもたらす

難聴に関するアクションを持つジェサル・ヴィシュヌラムは、管理に役立つ選択肢を提供する方法について議論しています。

支援リスニング技術による生活の向上

難聴に関するアクションでジェサル・ヴィシュヌラムを参照して、サポートを増やす必要性について話し合います。

LEオーディオとヒアリングの未来

ブルートゥース®LEオーディオが難聴の人々の生活を改善する方法を学びます.

世界の聴覚の日:補聴器、音楽の芽と Bluetooth LEオーディオ

の新しいバージョン Bluetooth 低電力デバイスを有効にするなどの機能を(経由.

業界の専門家がLEオーディオに重きを置く

LEオーディオの導入は、市場全体で多くの興奮を生み出しました.

LEアイソクロナスチャンネルに関するよくある質問10

LEオーディオは、ブルートゥース®オーディオの次世代であり、上で動作します Bluetooth 低。。。

次世代の補聴器が解決する4つの課題

世界保健機関(WHO)は、世界人口の6%以上を占めています。

なぜ気にする必要があります Bluetooth LEオーディオ

LEオーディオは、重要な前進です Bluetooth オーディオ、両方の面で.

補聴器利用者のニーズに応えるLEオーディオの仕組み

欧州聴覚機器メーカー協会(EHIMA)の加盟企業は、提供に努めています.

Bluetooth 補聴器はプライムタイムの準備ができています

一見すると、補聴器とBluetooth®技術がお互いのために作られているように見えます。に。。。

どのような機能 Bluetooth 新しいアップグレードが実現

の Bluetooth LEオーディオのアップグレードは、ワイヤレスオーディオ共有、公共放送、およびより良いサウンドを約束します,...

何が何ですか Bluetooth LEオーディオ、そしてなぜあなたはそれを望むのですか?

ワイヤレスヘッドフォンはすでにお金の価値があり、すぐに、彼らはさらに良くなります。 Bluetooth ...

コアスペックバージョン5.2の新機能

バージョン 5.2 で導入された新機能の技術的概要をご覧ください。

新機能 Bluetooth 標準発表

1月7日からラスベガスで開催された今年の国際コンシューマーエレクトロニクスショー(CES)で。