LE Audio

次世代Bluetooth Audio

20年にわたる技術革新を基に、Bluetooth Audio のパフォーマンスを高め、さらに補聴器対応機能やオーディオシェアリング機能を追加しました。オーディオシェアリングは、従来のオーディオ体験や私たちを取り巻く世界との繋がりを一新する可能性を秘めた革新的機能です。

 

LE Audio とは

LC3コーデック、マルチ・ストリーム・オーディオ、補聴器対応機能等、次世代Bluetoothオーディオの主な特徴について説明します。さらに、ブロードキャスト・オーディオが実現するオーディオシェアリング機能についてもご紹介します。

Bluetooth Low Energy 採用

名前からも分かる通り、Classic AudioはBluetooth Classic Radioで稼働するのに対し、LE AudioはBluetooth LE(Low Energy) Radioで稼働します。Classic Audio規格の製品やユースケースにも対応しながら、さらなるパフォーマンス向上を実現し、新たな製品やユースケースを生み出すことができるエキサイティングな新機能を追加しました。

LC3コーデック

LE Audioは、高品質・低電力の新オーディオコーデックLC3(低複雑性コミュニケーションコーデック)を採用しています。低ビットレートでも高音質を維持するLC3は、開発者に非常に高い柔軟性を提供するため、オーディオ品質や消費電力などの間で発生するトレードオフを調整し、バランスのとれた設計を可能にします。

 

大量のリスニングテストの結果により、LC3はたとえビットレートが50%低くても、オーディオ品質においてClassic AudioのSBCコーデックを上回ることが裏付けられました。開発者はこの省電力性を利用して、よりバッテリー寿命が長い製品を作ることができます。製品のバッテリー寿命が既に十分に長い場合は、小型化されたバッテリーを使うことで、より小さいフォームファクターの製品を開発することができます。

Manfred Lutzky
Fraunhofer IIS(集積回路研究所)Audio for Communications部門長

マルチストリーム

マルチ・ストリーム・オーディオ技術によって、スマートフォンやオーディオシンクデバイスなどの複数台のオーディオソースデバイス間で、オーディオストリーミングによるマルチ配信、独立配信、同期配信が実現します。

 

マルチ・ストリーム・オーディオ機能を使用することで、開発者はトゥルーワイヤレスイヤホンなどの製品パフォーマンスを改善することができます。例えば、より良い立体音響の生成、よりシームレスな音声アシスタントサービスの提供、複数台のオーディオソースデバイス間のスムーズな切り替えも可能になります。"

Nick Hunn 
WiForeコンサルティング CTO 兼
Bluetooth SIG補聴器ワーキンググループ議長

Bluetooth補聴器としての機能

低消費電力、高品質、マルチストリーム機能を備えるLE Audioは、補聴器用機能もサポートしています。Bluetoothオーディオは、これまで世界の大多数の人々に大きな恩恵を与えてきました。ワイヤレス通話や音楽・映像のワイヤレス視聴によって、人々は多くの安全性、生産性、娯楽性を獲得しました。LE Audioは、日々増加する耳の不自由な人々に、Bluetoothオーディオの持つ全ての価値を提供するBluetooth補聴器の開発を可能にします。

補聴器や人工内耳を使用する人々にとって、LE Audioは最も重要な技術革新の一つとなるでしょう。EHIMAのエンジニアは、耳の不自由な方のオーディオエクスペリエンスを向上させるために、自らの専門知識を注ぎ込みました。これにより数年以内に、ほとんどの電話やテレビの新製品は、難聴者も健聴者と同じように使用できるようになるでしょう。

Stefan Zimmer
欧州補聴器工業会(EHIMA)
事務総長

ブロードキャスト・オーディオ機能

ブロードキャスト・オーディオ機能を追加したことで、一台のオーディオソースデバイスが一つ以上のオーディオストリームを無制限の数のオーディオシンクデバイスにブロードキャストできるようになりました。ブロードキャスト・オーディオは、新しいBluetooth活用法であるオーディオシェアリングなど、革新のための重要かつ新しい機会を生み出しました。

オーディオシェアリング

Bluetoothオーディオシェアリング機能は、パーソナルベースとロケーションベースの両方に対応します。パーソナルオーディオシェアリングでは、スマートフォンの音楽を家族や友人とシェアするなど、Bluetoothオーディオ体験を周囲の人々と共有することができます。一方、ロケーションベースのオーディオシェアリングでは、空港、バー、ジム、映画館、カンファレンスセンターなどの公共施設において、Bluetoothオーディオをシェアして、来場者のオーディオエクスペリエンスを向上させることができます。  

ロケーションベースのオーディオシェアリングは、私たちの身の回りのオーディオ体験を一変させるポテンシャルがあります。例えば、公共施設にあるサイレントモードのテレビの音声を受信できるようになるほか、劇場や講堂などで、耳が不自由な方向けの音声サポートや多言語音声サービスにより、オーディオをシェアできるようになります。

Peter Liu
Boseコーポレーション
Bluetooth SIG理事会メンバー

関連リソース

補聴器 - 汚名を破壊し、機能を高める

補聴器は年をとることに関連しているため、汚名を着せられることがあります。

伝統的なBluetooth 市場の5年間の予測を更新

最近発表された「2020 Bluetooth Market Update」によると、Bluetooth®デバイスの年間総出荷台数は...

ターン・イット・アップ

今年のCESのトレンドは、伝統的に動きの鈍い医療用電子機器の開発でした。

LEオーディオの未来に期待すること

WiForeは、ワイヤレス接続を追加することでコードを削減したい企業をサポートします。

Bluetooth 技術の未来

主要なBluetooth ソリューション分野の最新のトレンドと予測を入手して、どのように...

新しい低エネルギーオーディオ規格の開発のBluetooth内部

難聴の人のために改善されたオーディオとブロードキャストオーディオ機能を搭載しています。

クアルコム、オーディオ・イノベーションの次の波に向けた洞察を共有

数十年にわたり、クアルコムの技術は、世界の接続、計算、通信の方法を変革するのに貢献してきました。

Embedded World 2020の4つの必見プレゼンテーション

組込みシステムの主要な国際展示会であるEmbedded World 2020は、組込みシステムのハブとなる展示会です。

次世代Bluetooth オーディオのプレビュー

次世代のBluetooth オーディオの開発者をガイドする主要な貢献者を見てください。

ケイデンスがLEオーディオを使って市場の課題を解決する方法

世界で最も革新的な企業のいくつかにサービスを提供しているケイデンスは、そのインテリジェントシステム設計を活用しています。

LEオーディオが難聴者に早期介入をもたらす方法

このように、LE Audioがどのような効果を発揮するのかを、Action on Hearing LossのJesal Vishnuramが探ります。

難聴者に選択肢をもたらす

難聴者アクションのJesal Vishnuram氏は、難聴の管理を支援するための選択肢を提供する方法について議論しています。

傾聴支援技術による生活改善

難聴者支援を強化する必要性について、Action on Hearing LossのJesal Vishnuram氏が議論しています。

LE Audioと今後の聴覚ケア

Bluetooth® LE Audioが難聴者の生活をどのように改善するかをご紹介します。

世界聴覚の日補聴器、ミュージックバッド、Bluetooth LE Audio

新バージョンでは、低消費電力デバイスを有効にするような機能をBluetooth もたらします(その経由で)。

業界の専門家がLEオーディオを評価

LE Audioの登場で、市場全体が盛り上がっていますが...。

LEの等時性チャネルに関する10のよくある質問

LE Audioは次世代のBluetooth®オーディオであり、Bluetooth 低消費電力で動作します。