次世代Bluetooth Audio

20年にわたる技術革新を基に、Bluetooth Audio のパフォーマンスを高め、さらに補聴器対応機能やオーディオシェアリング機能を追加しました。オーディオシェアリングは、従来のオーディオ体験や私たちを取り巻く世界との繋がりを一新する可能性を秘めた革新的機能です。

クラシックオーディオとLEオーディオ

名前のとおり、Classic AudioはBluetooth Classic Radioで動作し、LE AudioはBluetooth Low Energy Radioで動作します。 LE Audioは、Classic Audioと同じオーディオ製品とユースケースの開発をサポートするだけでなく、パフォーマンスの向上を約束するエキサイティングな新機能を導入し、新しい製品とユースケースの作成を可能にします。

LC3コーデック

LE Audioには、新しい高品質、低電力オーディオコーデック、低複雑性コミュニケーションコーデック(LC3)が含まれます。 LC3は低データレートでも高品質を提供するため、開発者に多大な柔軟性をもたらし、オーディオ品質や消費電力などの主要な製品の属性間の設計上のトレードオフを改善できます。

広範なリスニングテストは、LC3はクラシックオーディオに含まれるSBCコーデックよりも50%低いビットレートでもオーディオ品質を向上させることを示しています。 開発者はこの省電力を利用して、バッテリ寿命をより長くしたり、現在のバッテリ寿命が十分な場合は、より小さなバッテリを使用してフォームファクタを抑えた製品開発が可能です。

Manfred Lutzky
フラウンホーファーIISの通信用オーディオ部門責任者

マルチストリーム

マルチストリームオーディオは、スマートフォンなどのオーディオソースデバイスと1つ以上のオーディオシンクデバイスとの間で、独立した複数の同期されたオーディオストリームの伝送を可能にします。

 

開発者はマルチストリームオーディオ機能を使用して、真にワイヤレスのイヤフォンなどの製品のパフォーマンスを向上させることができます。 たとえば、ステレオ イメージングのエクスペリエンスを向上させ、音声アシスタント サービスをよりシームレスに使用し、複数のオーディオ ソース デバイス間の切り替えをスムーズにできます。」

Nick Hunn
WiFore ConsultingのCTO
Bluetooth SIG補聴器Working Groupの議長

 

マルチストリームオーディオが真のワイヤレスイヤホンに与える影響

ブロードキャスト

LE Audioはブロードキャストオーディオも追加され、オーディオソースデバイスが1つ以上のオーディオストリームを無制限の数のオーディオシンクデバイスにブロードキャストできるようにします。ブロードキャストオーディオは、新しいBluetoothユースケース、オーディオ共有の有効化など、イノベーションの重要な新しい機会を切り開きます。

パーソナルオーディオ共有

パーソナルオーディオ共有により、自分のBluetoothオーディオの体験を周囲の他のユーザーと共有できます。たとえば、スマートフォンの音楽を家族や友人と共有することなどです。

位置情報に基づくオーディオ共有

ビジターエクスペリエンスを強化し、位置情報に基づくオーディオ共有により、空港、バー、ジム、映画館、会議センターなどの公共の場で、Bluetooth オーディオを共有できます。

位置情報に基づくオーディオ共有により、周りの世界を体験する方法が変わる可能性があります。 たとえば、人々は公共の場でサイレントテレビによって放送されている音声を選択できるようになり、劇場や講堂などの場所では、聴覚障害のある訪問者を支援する音声を共有したり、多言語で音声を提供したりできるようになります。

Peter Liu
ボーズ株式会社
Bluetooth SIG理事会のメンバー

補聴器

低電力、高品質、マルチストリーム機能を搭載したLE Audioは、補聴器のサポートを追加します。 Bluetoothオーディオは、世界人口の大半に大きな利益をもたらしました。 ワイヤレスで通話、聞き取り、監視を行うことで、人々の安全性、生産性、娯楽性が向上しました。 LE Audioにより、Bluetooth補聴器の開発が進み、増加している難聴の人々がBluetoothオーディオの恩恵を受けています。

 

LE オーディオは、補聴器や聴覚インプラントのユーザーにとって最も重要な進歩の1つになります。 EHIMAのエンジニアは、特に難聴者のオーディオエクスペリエンスを改善するために専門知識を提供してきました。 その結果、数年以内にほとんどの新しい電話とテレビが聴覚障害のあるユーザーにも等しくアクセスできるようになります。

Stefan Zimmer
EHIMA事務局長
欧州補聴器製造業者協会

関連リソース

LC3の技術的概要

LEオーディオのご紹介 Bluetooth®は、その誕生以来20年以上にわたって...

Packetcraft Ittiam LC3デモ

Packetcraftの認定を受けたBluetooth 5.2 プロトコルスタックとIttiamのLC3コーデックのデモ。

未来を聞く

頻繁に新しい無線技術が登場し 全てを変えてしまいます私たちはこれを見てきました...

今後の予定Bluetooth 難聴者の生活を改善するための機能強化

数年前、Bluetooth 特別利益団体(SIG)と補聴器業界が始めた...

EUHA Congress 2020:Bluetooth LE Audio - 補聴器ユーザーのためのマイルストーン

LE Audioでは、Bluetooth®の開発者コミュニティが全く新しいオーディオ・アーキテクチャを開発しました。

LC3の違い

新しいLC3コーデックがどのようにして半分のビットでより高品質のオーディオを提供するかをご覧ください...

プレビューBluetooth LEオーディオ

Bluetooth LE Audioは、組み込みアプリケーションの範囲を拡大するためのツールを提供します。

LC3はワイヤレスオーディオ品質の水準を引き上げています。

今年の初め、Bluetooth Special Interest Group (SIG) は、Bluetooth® コミュニティが...

LE Audioの舞台裏を見る

ピーター・リューが表明した見解や意見は、彼自身のものであり、その行動は...

Bluetooth 低エネルギーオーディオLC3デモ

イマジネーションとPacketcraftは、完全で実績のある低エネルギーの製品を開発しました。

LC3がすべてのワイヤレスオーディオボックスをチェックする方法

ソニーエレクトロニクスのAndrew Estrada氏は、LC3がもたらすメリットについて語っています。

LC3がBluetooth オーディオ・リスニング体験にもたらす意味

ボーズ株式会社のピーター・リュー氏は、LC3がどのようにユーザー体験を向上させるかを説明しています...

LC3の品質とパワーはどのように有線ヘッドフォンと比較しています。

BoseのRasmus Abildgren氏が、オーディオ品質と消費電力がどのように違うのかを説明しています。

LC3は次世代オーディオに大きな影響を与える

フラウンホーファーIISのオーディオ・メディア技術部門は、30年以上にわたり...

LC3が今後20年間の標準となる理由

WiForeのニック・フン氏は、低遅延、低消費電力、高品質を実現する方法を説明しています。

補聴器 - 汚名を破壊し、機能を高める

補聴器は年をとることに関連しているため、汚名を着せられることがあります。

伝統的なBluetooth 市場の5年間の予測を更新

最近発表された「2020 Bluetooth Market Update」によると、Bluetooth®デバイスの年間総出荷台数は...

ターン・イット・アップ

今年のCESのトレンドは、伝統的に動きの鈍い医療用電子機器の開発でした。

 Get Help