コネクテッドデバイス

Internet of Everything (IoE / あらゆるモノのインターネット)

Bluetooth® Low Energy - コネクテッドデバイスの世界を支えています。

家庭で日常的に使われるデバイスから、ヘルスケアの概念を一変させるデバイスまで、目を引く革新的なワイヤレス新規事業やソリューションにBluetoothは用いられます。

日常生活にある数十億のデバイスをつなぎ、また今後も登場するであろう無数の新発明を可能にするBluetooth技術はIoTのビジョン実現の一翼を担っています。

主な活用事例


スポーツ&フィットネス

歩数、運動、活動量、睡眠などを把握するために、手首に着けているのをよく見かけるフィットネストラッカーやスマートウォッチ。このようなウエアラブルサービスを可能にしたのもBluetoothがあってこそ。健康状態や運動能力を記録し、Bluetoothによってアスリート、コーチ、トレーナーに情報がリアルタイムに伝わります。



ヘルスケア & ウエルネス

血糖値測定器、酸素濃度計、喘息用吸入器その他の医療機器では、投薬、怪我の診断、患者から医療従事者への重要情報の安全な送信などにBluetoothの技術が使われています。


コネクテッドホーム

Bluetoothはすべての人にIoTの恩恵をもたらします。コネクテッドホームを実現し、テレビ、ゲーム機、コーヒーメーカー等をリモコンで操作できるようにします。玩具、道具、計測機器など、一般的なデバイスから私たちが大切にしている個人のデバイスまで、あらゆるモノの位置を特定し、安全を守り、状態を監視するためにBluetoothの技術が用いられています。


ホワイトペーパー

Bluetooth 5 – より速く、より長距離を実現する

ダウンロード