仕組み

変換力の高い無線接続の基礎となる Bluetooth

変換力の高い無線接続の基礎となる Bluetooth

Bluetooth® は低電力の無線接続技術で、オーディオのストリーミング、データの転送、デバイス間での情報のブロードキャスティングなどに使用されます。Bluetooth には BR (Basic Rate) と EDR (Enhanced Data Rate)、そして、LE (Low Energy) という 2 つの規格があります。

BR/EDR (Basic Rate/Enhanced Data Rate)

ポイント ツー ポイント

Bluetooth BR/EDR は継続的な無線接続を実現します。また、1 対 1 (1:1) のデバイス通信を確立するためにポイント ツー ポイント (P2P) ネットワークトポロジーに対応しています。Bluetooth BR/EDR オーディオストリーミングは無線スピーカー、マイク付きヘッドフォン、車載ハンズフリーシステムに最適です。


LE (Low Energy)

Bluetooth LE は短時間の無線接続を実現し、ポイント ツー ポイント、ブロードキャスト、メッシュなど、複数のネットワークトポロジーに対応しています。

ポイント ツー ポイント

P2P (ポイント ツー ポイント) は 1 対 1 (1:1) のデバイス通信を確立ために使用されるネットワークトポロジーです。Bluetooth LE P2P トポロジーはデータ転送に最適で、フィットネストラッカーやヘルスモニターなど、常時接続型デバイス製品に適しています。


ブロードキャスト

ブロードキャストは 1 対多 (1:m) のデバイス通信を確立するネットワークトポロジーです。Bluetooth LE ブロードキャストトポロジーはローカライズされた情報共有を最適化し、PoI 情報やアイテムファインダー、道案内サービスなど、ビーコンソリューションに効果的です。


メッシュ

メッシュは多対多 (m:m) のデバイス通信のためのネットワークトポロジーです。Bluetooth LE メッシュトポロジーは、大規模なデバイスネットワークを確立します。この性能はビルディングオートメーション、センサーネットワーク、アセットトラッキングのほか、複数のデバイスが他のデバイスと安全に接続できる態勢を整えることが不可欠なあらゆるソリューションに最適です。