照明で道筋を照らす

Bluetooth®ネットワーク照明制御システムは、オフィス、店舗、ヘルスケア、工場、商業施設等で導入でき、建物にエネルギーの効率化、利用者の体験向上、効率的な建物運用をコンビネーション的に実現します。

オンデマンドウェビナー

ネットワーク照明制御システムの可能性を最大化する方法

建物の有する価値を最大化する、ネットワーク照明制御システムの導入方法をご覧ください。

今すぐ見る

ネットワーク照明制御とは?

ネットワーク照明制御システムは、個別にアドレスが指定でき充実したセンサーを備えた照明器具と制御デバイスによるインテリジェントなネットワークシステムであり、システムの各コンポーネントがデータの送受信を行えるようになります。 3つの大きな利点を通じて、高度なネットワーク照明制御の需要を促進します。

大幅な省エネ

ネットワーク照明制御は、より高度なスケジューリングとデマンドレスポンスを提供するとともに、インテリジェントセンサーによって、屋内の占有率と日照レベルをモニタリングし、リアルタイムで光の使用を調整します。これによって、より効率的なエネルギー消費を実現します。

利用者体験の向上

明かりの質は、建物内の人々の心身の健康や生産性にとって不可欠な要素です。 従来の照明システムでは、居住者体験を損なうことなく、エネルギーの効率化を実現することは不可能でした。 ネットワーク照明制御により、光量管理のタスク調整やパーソナルコントロールが可能となり、電力の節約と屋内の人々の快適さにおいて、理想的なバランスを実現できます。

建物の管理操作における改善

今日の照明器具はシステム調整に貢献する性能データと、予知保全を可能にする状況データを提供できるようになりました。 ネットワーク照明制御システムに統合された利用状況、温度、湿度、空気品質といった各種センサーも、HVAC(空調システム)やセキュリティといった建物の他システムの効率的な運用に寄与します。

配線は不要

ネットワーク照明制御で有線から無線ソリューションへ移行する3大メリット

より低いコスト

Mesh

制御のための配線が必要ない、ワイヤレスネットワーク照明制御は、システム導入コストを大幅にダウンさせます。 人件費と材料費を削減し、設置時の企業活動の中断を最小に抑え、恒常的なメンテナンスコストの削減が揃って実現され、とりわけ設備改修の際に、建物の所有者ならびに管理者に大幅な金銭的節約をもたらします。

設計上のフレキシビリティの向上

距離的な制限やアクセシビリティによって、有線のシステムが不可能でないにしろ実用的ではない場所においても、ワイヤレスシステムであれば、機器を配置することができます。 さらに有線システムでは、配線が固定されてしまう一方で空間やレイアウトは変更されるため、照明制御システムはそれに合わせて構築しなければなりません。 一方でワイヤレスシステムは有線タイプと比較して、優れたフレキシビリティを提供し、より簡単にシステムが構成できます。

将来的な拡張性

一般的に、理想的なネットワーク照明制御システムは、機能とサイズの双方において、小規模で始め、後に拡張することができます。 ひとたび採用されると、ワイヤレスシステムの拡張性は有線システムよりもはるかにすぐれ、高度な制御をより簡単に追加できるため、変化し続けるビジネスや利用者などのニーズに合わせた拡張を可能にします。

Bluetoothが道筋を照らす

Bluetooth®Meshネットワーキングが、商用スペースのワイヤレス型照明制御における最適なテクノロジーとして台頭した理由は、大きく4つに分けられます。

費用対効果の高い、分散型アーキテクチャ

従来的のネットワーク照明制御システムは、導入費用や操作費用によって、その採用が制限されていました。 Bluetooth®Meshにより、中央制御が不要となりコンポーネントコストが削減されます。また、先行的な人件費や設置費用も低下することから、設計者や仕様書作成者サイドが、建物の所有者ならびにエンドユーザーに対して迅速な価値提供を行えます。

ダイレクトモバイルデバイスのプロビジョニング

スマートフォンとタブレットに完全にネイティブなBluetooth®テクノロジーによって、システムインテグレーターやインストーラーが、ネットワーク上のノードと直接通信する、シンプルでユーザーフレンドリーなコミッショニングアプリを使用できるようになります。したがって、システムの設置と操作のための、専門的なエンジニアリング知識やインターネットアクセス、クラウドプラットフォームが不要になります。

クラス最高のスケール、パフォーマンス、信頼性

Bluetooth®Meshネットワーキングは、ネットワーク化された大規模の照明制御の実装に特化して設計されています。 3大機能によって、Bluetooth Meshが有するスケール、パフォーマンス、信頼性を他のワイヤレス照明制御テクノロジーから分離し、設置者、建物管理者、商用目的のエンドユーザーに向けて必要とされる弾力性を提供します。  

  • 分散型制御のアーキテクチャは、あらゆるエンドデバイスにインテリジェンスを分散し、単一障害点を排除することによって、システムレベルの機能停止を防ぎます
  • 独自のパブリッシュ/サブスクライブメッセージアドレッシングにより、ネットワーク上のメッセージングトラフィックが大幅に低下され、ネットワークの規模とパフォーマンスが向上します 
  • 殺到しないよう管理されたメッセージリレーによって、高いパフォーマンスと信頼性を維持しながら、照明ネットワークを数千にのぼるノードにまで拡張できます 

照明を超えたさらなるアドバンテージ

照明制御デバイスに組み込まれたBluetooth®無線を使用して、屋内ナビゲーションや資産追跡といった、高度な建物関連サービスを実装することも可能です。これによって、ネットワーク照明制御システムが、単一機能ソリューションから、データ主導型のスマートビルディングのプラットフォームへと移行し、照明をはるかに超えたメリットがもたらされます。

注目のリソース

革新的なメッシュ通信ソリューション

ワイヤレスの照明制御には拡張性がないとお考えですか? それは誤解です

IoT照明に秘められた真の可能性を実現します

関連リソース

照明を越えて - APIによるデータ接続が重要な理由

Bluetooth mesh は、プロフェッショナルな照明アプリケーション向けに特別に設計された、初の通信規格です...

ワイヤレス・コントロールをコネクティビティの中心へ

今年、Bluetooth SIG 、本社の照明インフラを整備する時期が来た...

キャンパス・ピッツェンブルクでスマート照明と制御によりエネルギー消費量を半減

キャンパス・ピッツェンブルクでは、スマート・コントロール・エネルギー・システムにより、エネルギー使用量を50%削減しました。

シルバニア、FLYINGGROUP Antwerpで効率と制御を高らかに鳴り響かせる

FLYINGGROUP Antwerpは、より快適な会議室のためのソリューションを探していました。

柔軟な屋外Bluetooth Mesh 制御でスプリングハウス イノベーションパークを緑化する

1960年代に建設された商業施設「スプリングハウス イノベーションパーク」が、現代のニーズに合わせて生まれ変わりました。

商用照明におけるBluetooth Mesh

現実の世界では、技術(の根底にある法則に支配されている)は、そうそうあるものではありません。

ノースベーカーズフィールド トヨタ自動車の事例

North Bakersfieldトヨタ自動車販売店の動画事例。屋内駐車場の改修プロジェクト...

Thread vsBluetooth:スマートホーム、スマートビルに最適なのはどっち?

スマートホーム技術が台頭している理由はいくらでもあります。読む...

DLC Certification ProvesBluetooth Mesh 照明制御の厳しい要件を満たしています。

Bluetooth®mesh 標準は、その採用以来、ワイヤレス技術のあり方を変えつつあります...

デバイスネットワークの年間出荷台数は10億台を突破すると予測

Bluetooth家庭、商業施設、その他の環境における®デバイスネットワークソリューションは、信頼性が高く、安全な...

2022年Bluetooth 市場アップデート

ABIリサーチ社をはじめとするアナリスト企業による新しい市場洞察と業界予測を掲載...

Bluetooth 低消費電力プロトコルへの進化

Bluetooth 、多くのバージョンを経て進化してきました。バージョン4.0以降では、消費電力の低減を実現...

ネットワーク照明インフラを利用したスマートソリューション

インテリジェントなネットワーク照明制御インフラは、ビジネスオーナーやスタッフが、より多くの情報を得ることができるようにします。

Bluetooth®で、今とこれからの省エネニーズに応えます。Mesh

ビルのオーナーやファシリティーマネージャーは、どのようにして将来を見据えた決断をすればよいのでしょうか。

Bluetooth レンジと信頼性。神話と事実

Bluetooth は、スマートホーム、ビル、工場などでますますユビキタスになっているので、...

Bluetooth Mesh - 確実性のある照明とビルオートメーションのための信頼性の高いネットワーキング

Bluetooth は、オーディオストリーミングやフィットネスウェアラブルの分野ですでに確固たる地位を築いています....

照明器具レベルのライティングコントロールと健康的なビルの未来

パンデミックからの復興に向けて、建築業界ではその方法を再考しています...。

スマートビルディングにおける照明の役割

照明には、有線と無線の2種類があることは、誰もが知っていることでしょう。それ...

Bluetooth 市場動向 2021

ABIリサーチによる最新の予測と他のアナリスト会社からの洞察に支えられて、Bluetooth マーケット・アップデートは最新のBluetooth トレンドと予測をハイライトしています。

Bluetooth® 技術が実現する コロナ禍時代の安全な再開方法

Bluetoothこのレポートでは、あらゆる規模の組織が、あらゆる規模の組織で活用されている技術のうち、「SacreacreZs_202F」と「SacreZs_202F」についての洞察を共有しています。

設計と開発Bluetooth®インターネットゲートウェイ

Bluetooth インターネットゲートウェイについて、その安全性と拡張性を高める方法を学び、Bluetooth LE Peripherals またはBluetooth mesh ネットワークで使用するゲートウェイとウェブアプリケーションの試作品を設計・実装します。

Bluetooth®技術における信頼性の理解

信頼性に影響を与える問題点や要因についての詳細な説明をダウンロードしてください。

ウェアラブルプロビジョナーBluetooth Mesh の作り方

Bluetooth mesh ネットワーク内のノードを監視・制御できるスマートウォッチなどのプラットフォーム向けのアプリケーションの作成方法を学ぶことができます。

プラットフォームとしての照明

接続された照明システムがどのようにプラットフォームとして使用されているかを見て、スマートビルへの投資のROIを向上させるために、ウェイファインディング、アセットトラッキング、スペース活用などの高度なビルサービスを可能にします。

プロBluetooth Mesh キシ機能の紹介

Bluetooth mesh ネットワーク内のノードを監視・制御できるスマートフォンなどのアプリケーションを作成する方法を学びます。

青色でスマートな建物を構築する

信頼性を高め、コストを削減し、スマートビルのROIを向上させる方法Bluetooth をご覧ください。

概要 - ネットBluetooth Mesh ワーキング

商業市場および産業市場の信頼性、スケーラビリティ、セキュリティ要件を独自に満たす方法Bluetooth mesh の概要を簡単に説明します。

Get Help