2022年Bluetooth®市場動向

2022

CEOご挨拶

毎年 Bluetooth® SIG メンバーコミュニティは Bluetooth 技術の機能向上に多大な努力でイノベーションをもたらし、新しい市場トレンドを形成しています。 ワイヤレスオーディオやウェアラブルデバイス、資産追跡、そしてネットワーク照明制御ソリューションまで、Bluetooth SIG のメンバー企業は消費者、商業及び産業向けに求められるユースケースのニーズを満たし続けています。

関係者の皆様の多大な尽力により、LE Audio 仕様策定プロジェクトは完成間近です。 このプロジェクトはおそらく、Bluetooth SIG がこれまでに取り組んできた中でも、最も複雑な仕様策定プロジェクトであり、複数のワーキンググループや各コミッティーにまたがる何百人もの関係者の皆様の協力を得てきました。今年このプロジェクトを完成させ、次の20年間のオーディオ分野におけるイノベーションの先駆けとなることを目指しています。

LE Audio の採択は、これまでワイヤレス市場に多大な影響をもたらしてきた Bluetooth のアップデートの中で最も新しい機能向上になります。本年も Bluetooth 市場動向の最新の市場洞察とトレンドを共有できることを嬉しく思います。Bluetooth  市場動向 2022年版の予測は、さらなる接続された世界を創出するためにイノベーションを続けている、多くの Bluetooth SIG メンバー企業の精力的な活動を反映しています。

そのような素晴らしいコミュニティの一員であることを誇りに思います。

マーク・パウエル | CEO | Bluetooth SIG, Inc.


Bluetooth市場動向は ABI Research の最新予測や他の複数のアナリスト企業からの見解に基づくもので、世界中の IoT (モノのインターネット) に関わる意思決定者が、技術ロードマップや市場で Bluetooth 技術が果たす役割について、常に最新の情報の入手できるよう支援することを目的としています。

特に明記されていない限り、統計データは ABI Research を出典としています。 ABI Research は、Bluetooth データセット (2021年第4四半期)、ワイヤレス接続 (2021年第4四半期)、モバイルアクセサリーおよびウェアラブルデバイス (2021年第4四半期) 、屋内測位および RTLS (2020年第4四半期)、コネクテッドカー (2021年第3四半期)、スマートホームシステム (2021年第2四半期) 、スマートホームハードウェア (2022年第1四半期) 、IoE (Internet of Everything、 2022年第1四半期) などどのデータを参照しています。 予測は、実際の出荷を保証するものではありません。

Bluetooth®
総出荷数

Shipments

年間出荷台数

2026年 Bluetooth® デバイスの出荷数が、初めて70億台を超え見込みです。

献身的なコミュニティメンバーのサポートにより、Bluetooth® 技術は20年以上にわたって拡大し続けるワイヤレス技術革新の需要に対応してきました。 2020年は多くの世界市場にとって激動の年でしたが、Bluetooth 市場は2021年までにパンデミック前の水準に急速に戻り始めました。 事実、2022年には、当初予想されていたよりも早くパンデミックから回復するとアナリストは予測しています。 アナリストは、Bluetooth 対応デバイスの年間出荷台数が、2021年から2026年にかけて1.5倍、年平均成長率 (CAGR) で 9% 増加すると予想しています。

総出荷数

バージョン別出荷数

Bluetooth®技術は複数の無線バージョンをサポートしており、それにより開発者はそれぞれの顧客が持つ固有の接続ニーズを満たす製品を構築できます。

現在 Bluetooth Classic および Bluetooth Low Energy (LE) は、スマートフォンからタブレット、ノートパソコンまでのすべての主要なプラットフォームデバイスに搭載されています。 そのため、過去5年間にわたり出荷された大半の Bluetooth デバイスはデュアルモード (Bluetooth® Classic + Bluetooth LE)  デバイスになっています。 さらにイヤホンなどの多くのオーディオデバイスもデュアルモードへと変わってきています。

消費者向けコネクテッドデバイスの根強い成長のため、LE Audio の次のリリースと相まって、シングルモードの Bluetooth® LE  デバイスの年間出荷台数は次の5年間のデュアルモードの年間出荷台数とほとんど一致します。

3x GROWTH

2022年から2026年にかけての
シングルモードの
Bluetooth® LE デバイスの
出荷台数

周辺機器がシングルモードの Bluetooth LE デバイスの成長を促進

シングルモードの  Bluetooth® LE  デバイスの出荷台数は、周辺機器の継続的な力強い伸びを原動力として、今後5年間で3倍以上に増加すると予測されています。 さらに、シングルモードの LE デバイスとデュアルモードの Classic + LE デバイスの両方を考慮すると、2026年までにすべての Bluetooth デバイスの 95% に Bluetooth LE が搭載され、年平均成長率は 25% となります。

100%

の新しい主要プラットフォーム
デバイスが
デュアルモードに対応
(Bluetooth®Classic + Bluetooth LE)

すべてのプラットフォームデバイスが Bluetooth Classic と Bluetooth LE に対応

開発者は、 Bluetooth ® Classic および Bluetooth LE が、すべてのプラットフォームデバイスに搭載されているとの前提で活用することができます。 Bluetooth LE および Bluetooth Classic は電話やタブレット、PC に 100% 搭載されており、Bluetooth 技術に対応しているデュアルモードデバイスの出荷台数は、2021年から2026年までの年平均成長率が 1% と、完全な市場飽和状態に達しています。

72%

2026年の Bluetooth®  対応デバイスの
出荷台数のうち周辺機器が占める割合

周辺機器が Bluetooth® デバイスの出荷数の伸びを引き続き牽引しています

ほとんどすべてのスマートフォン、タブレットおよび PC が Bluetooth® LE に対応しているため、周辺機器における Bluetooth 技術の市場の成長速度はプラットフォームデバイスの成長速度を凌ぎ続けるでしょう。 アナリストは 2021年から2026年までの年平均成長率を 13% と予測しています

総出荷数

今後の機能強化

Bluetooth SIG のメンバーコミュニティは、Bluetooth® 技術の機能を拡張し続けています。つまり、イノベーションを推し進め、新しい市場を生み出し、ワイヤレス通信の可能性を再定義しているのです。 メンバー企業間の努力とコラボレーションが、継続的なイノベーションを推進しています。 一般的に、50件以上の仕様プロジェクトが活動中で、ここでは Bluetooth 関連技術で進行中のプロジェクトの一部を紹介します。

LE Audio

LE Audioは20年にわたるイノベーションをさらに進めるものになります。Bluetooth® オーディオの性能強化や補聴器への対応のほか、オーディオ体験や周囲の世界との接続を刷新する革新的なBluetooth のユースケースであるブロードキャスト・オーディオを可能にします。

高精度距離測定

Bluetooth® 技術のデバイスの測位機能 (現在は、広告配信によるプレゼンスの測定、RSSI による距離測定、AoA/AoD による方向検知など) に加え、2つの Bluetooth 対応デバイス間の高精度な距離測定を可能にするための仕様開発プロジェクトが現在進行中です。 この機能により、ロケーティングシステムやデジタルキーソリューションの性能向上が期待されます。

データスループットの向上

現在、ますます多くのユースケースとアプリケーションが、よりすぐれたデータ転送パフォーマンスと、より大きなメディアのストリーミングへの対応を求めており、より高いデータレートである Bluetooth® LE PHY の恩恵を受けることができるでしょう。 この成長を続けている市場機会に対応するための取り組みが現在進行中です。

Bluetooth®
ソリューション分野

Areas

市場のニーズに応えるソリューション

Bluetooth®技術は、ワイヤレス接続への拡大し続けるニーズを満たすため、フルスタックかつ目的に合わせたソリューションを提供します。Bluetooth 技術は、オーディオストリーミングへの対応を始めとして、低消費電力のデータ転送、屋内位置情報サービス、そして信頼性の高い大規模デバイスネットワークへと発展し続けてきました。

オーディオストリーミング

詳細はこちら

データ転送

詳細はこちら

位置情報サービス

詳細はこちら

デバイスネットワーク

詳細はこちら

オーディオストリーミング

Bluetooth®技術が取り除いた最初のコードの一つは、オーディオケーブルでした。ヘッドホンやスピーカーなどからケーブルの煩わしさを取り除いた Bluetooth 技術は、オーディオに革命を起こし、私たちがオーディオメディアを使用し、体験する方法を一変させました。

主なユースケース

ワイヤレスヘッドセット

ヘッドホンから完全ワイヤレスイヤホンまで、オリジナルのワイヤレスオーディオデバイスであるBluetooth® ヘッドセットは、今や携帯電話の必須アクセサリーです。

ワイヤレススピーカー

自宅の Hi-Fi エンターテインメントシステムはもちろん、ビーチや公園でも使用できるポータブルオーディオなど、多種多様な形とサイズのスピーカーがあり、あらゆる場面で使用されています。

車載システム

Bluetooth®車載インフォテインメントシステムは、ドライバーのスマートフォンと連携させることによってオーディオストリーミングや通話がハンズフリーで可能になり、ドライバーは運転に集中できます。

1.4 BILLION

2022年の Bluetooth® オーディオストリーミング機器の出荷台数

1.4x GROWTH

2022年から2026年にかけての
Bluetooth ® オーディオストリーミング機器の年間出荷台数

オーディオストリーミング

今を牽引するソリューション

Bluetooth® は、今やほぼすべてのワイヤレススピーカーに搭載されています

全体的な需要が高まり、より柔軟性とモバイル性が求められるようになるにつれて、スピーカーへの Bluetooth 技術の採用も拡大していくでしょう。 Bluetooth® スピーカーは今年3億7400万台が出荷され、2026年までには年間4億2500万台が出荷されると予測されています。

イヤホンがヘッドホン市場の成長を牽引します

今年、2億6300万台の Bluetooth® イヤホンが出荷され、すべてのワイヤレスヘッドセットの 39% を占めています。 2026年には、Bluetooth イヤホンの年間出荷台数は3倍となり 6億1900万へと増加します。これは、すべてのワイヤレスヘッドセットの 66% に上ります。

374 MILLION

2022年の Bluetooth® スピーカー 出荷台数

675 MILLION

2022年 Bluetooth® ヘッドホン 出荷台数

オーディオストリーミング

未来を推進するソリューション

20年間にわたるイノベーションを続けてきた LE Audio は Bluetooth® オーディオの性能を向上し、補聴器への対応を追加します。新製品と新たなユースケースが実現する素晴らしい新機能が導入されます。

LE Audio はブロードキャスト・オーディオの機能を追加予定です。この新機能は、1つのオーディオソース デバイス(例:スマートフォン)から、多数のオーディオシンク デバイス(例:イヤホン、スピーカー、補聴器)に、1つまたは複数のオーディオストリームをブロードキャストできるようにします。 ブロードキャスト・オーディオは、パーソナルおよびロケーションベースでのオーディオの共有を可能にするなど、新たなイノベーションの機会をもたらします。

LE Audio はオーディオパフォーマンスを強化します

LE Audio はより低電力でより高音質なオーディオを提供し、オーディオ開発者が消費者の高まる性能要求に応えられ、オーディオ周辺機器市場(ヘッドセット、イヤホンなど)全体の継続的な成長を支えます。 2026年までに、Bluetooth®イヤホンの年間出荷台数は 6億1900万に上り、すべてのワイヤレスヘッドセットの出荷数のうち 66% を構成します。

3x GROWTH

2026年までの年間 Bluetooth® イヤホンの出荷数

66%

2026年までの全ての Bluetooth® ヘッドセットの年間出荷台数のうち
イヤホンが占める割合

LE Audio は 新しいオーディオ周辺機器をお届けします

LE Audio の低消費電力性能は、様々な Bluetooth® 対応補聴器などの新しいタイプのオーディオ周辺機器を可能にし、より優れたフォームファクタを実現するための柔軟性を高めます。 LE Audio により、より小型で邪魔にならず装着しやすい補聴器が登場し、聴覚障害をもつ人々の生活をより豊かにします。

½ BILLION

現在オーディオアクセシビリティを必要としている人の数

2.6x GROWTH

2026年までの Bluetooth® ヒアラブルデバイスの
年間出荷台数

2.5 BILLION

2050 年までに
ある程度の聴覚障害を
抱えると予測される
人口

LE Audio がブロードキャスト・オーディオを通して新しいオーディオ体験をお届けします

新しいブロードキャスト・オーディオ機能は私たちがお互いの関わり方、そして私たちの周りの世界との関わり方を向上し、消費者にユニークなオーディオ体験を届けます。一緒に聴くことができるようになり、よく聞こえるようになり、 身の回りのミュートは解除されます。 ブロードキャスト・オーディオ の導入により Bluetooth ® 技術は公共の場にも実装され、人々は 様々な公共施設や今までにはなかった環境でオーディオを体験できます。 6000万ヶ所を超える場所が、 Bluetooth ブロードキャスト・オーディオの実装で長期的に恩恵を得られると考えられています。

データ転送

フィットネストラッカーやヘルスおよびウェルネスモニターに始まり、おもちゃやツール類に至るまで、何十億台もの新しい Bluetooth®低電力データ転送デバイスが、日々消費者をケーブルから解放しています。

主なユースケース

スポーツ&フィットネス

Bluetooth® 技術は、手首に装着し、あらゆる場所で歩数、運動量、活動量、睡眠をモニターし表示するフィットネストラッカーやスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスを実現します。

PC 周辺機器およびアクセサリー

Bluetooth® 技術の原動力は、ケーブルからの解放です。 キーボード、トラックパッド、マウスなどの周辺機器は、パソコンとの接続にもはやケーブルを必要としません。

ヘルス&ウェルネス

血圧計から携帯型超音波装置やエックス線画像診断装置に至るまで、Bluetooth® 技術は人々の健康状態の把握と改善をサポートするとともに、医療従事者による質の高い医療の提供を容易にします。

1.75x GROWTH

2026年までの Bluetooth®
データ転送機器の
年間出荷台数

35%

Bluetooth® 技術を利用する
IoT コネクテッドデバイスの
割合

データ転送

今を牽引するソリューション

432 MILLION

2022年の
消費者向け
Bluetoo
th®
電子機器の出荷台数

個人向け IoT デバイスはライフスタイルに関わるデータの需要を満たします

多くの人々が運動や生活習慣を含む健康、フィットネスおよび個人のアクティビティをより意識するようになり、ライフスタイルデータに関する需要が伸びています。 このようなデータへの注目の高まりと利便性の向上への要望が相まって、ウェアラブルやスマートウォッチから、ツールやおもちゃ、ハブラシ、健康フィットネス機器といった、 Bluetooth® 対応の消費者向けコネクテッドデバイスの出荷台数を増加させました。アナリストは一般消費者向け電子機器の年間出荷台数は 2026年までに倍増すると予測しています。

263 MILLION

2022年の Bluetooth® リモコンの出荷台数

ホームエンターテイメントデバイスの消費者需要は急上昇します

より多くの人々がより高い利便性を求め、TV、扇風機、スピーカー、ゲーム機などの製品のリモコンへの需要が増加しました。Bluetooth ® リモコンの年間出荷台数は2026年に3億5900万台に達すると予測されています。

182 MILLION

2022年の
Bluetooth®
PC アクセサリーの
出荷台数

在宅勤務の普及は Bluetooth® PC 周辺機器の需要増加を牽引しています

多くの人々が自宅を仕事場としても使用しているため、Bluetooth® 対応のホームおよび周辺機器の需要が増加しています。 Bluetooth PC アクセサリーの高い需要が継続すると見られ、アナリストは 2022年から2026年にかけて 7% の年平均成長率で増加していくと予測しています。そして、2026年には PC アクセサリーの年間出荷台数は2億3400万台に達する見込みです。

データ転送

未来を推進するソリューション

Bluetooth® ウェアラブルデバイスがデータ転送機器の今後の成長を牽引する

Bluetooth対応フィットネストラッカーやヘルスモニターによる個人の健康増進効果への理解が深まり、あらゆる年齢層のウェアラブルデバイスの需要が高まっています。そのため、2026年にはBluetoothデータ転送機器の年間出荷台数のうち29%をウェアラブルデバイスが占めると予想されています。

491 MILLION

2026年までの
Bluetooth® ウェアラブルデバイス
の年間出荷台数

100 MILLION

2026年までの
Bluetooth® フィットネス
とウェルネストラッカーの
年間出荷台数

Bluetooth® ヘルス&ウェルネス ウェアラブルデバイスは力強い成長を示しています

Bluetooth®フィットネスおよびウェルネストラッカーの出荷台数は今後5年間で1.2倍も成長し、今年の年間出荷台数である8700万台から2026年には1億台にまで増加します。 フィットネストラッカーは多数のスマートウォッチがこの機能を取り込んだとしても成長を続けると見られています。

210 MILLION

2026年までの
Bluetooth® スマートウォッチの
年間出荷台数

スマートウォッチがウェアラブルカテゴリーを牽引し続けます

スマートウォッチがさらに高度化され、ますます多くの機能を搭載するにつれ、 人々をつなげる役割(電話、メール、テキストメッセージ、音楽など)だけでなく、フィットネスやウェルネストラッカーの役割までも担うようになります。 スマートウォッチ市場の成長と共に、両方のカテゴリーは成長を続けていくでしょう。 今年 1億100万台の Bluetooth® スマートウォッチが出荷される見込みですが、2026年までに年間出荷数は 2億1000万台に達し、2.5倍も増加すると見られています。

Bluetooth® AR/VR デバイスには大きな成長が見込まれます

51% CAGR

2022年から2026年にかけての
Bluetooth®  VR ヘッドセットの
出荷台数

ウェアラブルの定義は広がり続けています。 ウェアラブルデバイスは多くの異なる形態や機能を持つものが製造されており、これまで述べてきた以外の体験を実現したり拡張する助けとなります。これにはゲーム用やバーチャルトレーニング用の VR ヘッドセットに加え、工業製造用、倉庫管理業務用および資産追跡用のウェアラブルスキャナやカメラが該当します。 2026年までに Bluetooth® VR ヘッドセットの年間出荷台数は4400万台に上る見込みです。

68% CAGR

2022年から2026年にかけての
 Bluetooth® スマートグラスの出荷台数

スマートグラスはナビゲーションに使われ、ユーザーに移動経路(およびその他の補足情報など)を表示します。 その他、スマートグラスは、トレーナー研修のためや、タスクやプロセスを記録し、人材育成や完了したタスクの確認を支援するためにも使用されます。スマートグラスは、 最も急速に成長しているカテゴリーの1つであり、2026年までに2700万台の年間出荷台数を見込んでいます。

位置情報サービス

現在のBluetooth® 技術は、高精度の屋内位置情報サービスに対する需要増加を受け、デバイスの測位技術として幅広く使用されています。1 台のBluetooth デバイスに他のデバイスの存在、距離および方向検出を可能にすることにより、Bluetooth 技術は他の測位無線にはない柔軟性を実現しています。これにより例えばビルの管理者および所有者が、建物における多様で変化するニーズに合うよう屋内測位ソリューションの規模を変更することを可能にします。

主なユースケース

資産追跡

Bluetooth® 技術は、リアルタイム位置情報システム(RTLS)ソリューションの急速な成長を支えています。このソリューションは、倉庫内の作業員や道具、あるいは病院内の患者や医療機器の位置を特定するなど、モノや人の追跡に用いられています。

屋内ナビゲーション

空港や駅からショッピングモール、美術館、スタジアムに至るまで、Bluetooth® 屋内測位システム (IPS) は、GPSの屋内測位の課題を克服し、施設内の複雑な経路移動をサポートする標準システムとして急成長しています。

デジタルキー

スマートフォンは日常生活に溶け込んでいます。Bluetooth® 技術はスマートフォンを便利で安全なデジタルキーに変え、自家用車や自宅、オフィスビルなどに近づくと同時にドアやスペースを開錠するための活用を可能にします。

持ち物探索

鍵や財布、ハンドバッグなどの個人の所有物に Bluetooth® タグを装着する消費者が増えています。 タグが装着されていれば、紛失した際にはスマートフォンのアプリを起動するだけで紛失物の位置を特定できます。

Bluetooth® 位置情報サービスデバイスは今後5年間成長し続けます。

Bluetooth® 位置情報サービスソリューション市場はパンデミック前の予測水準へと急速に回復してきています。 Bluetooth 位置情報サービスの利点に対する認知度向上はさらなる市場成長を支え続けています。

25% CAGR

2022年から
2026年にかけての

Bluetooth®
位置情報サービス
デバイスの
出荷台数

位置情報サービス

今を牽引するソリューション

商用リアルタイム位置情報システム

資産追跡の効率性がサプライチェーンの課題解決のカギとなり、Bluetooth® 位置情報サービスは注目を集めています。

近年の在庫管理や物流における課題により、効率的な輸送および倉庫管理ソリューションの必要性が高まっています。 多くの商業および工業施設が Bluetooth ® 資産管理ソリューションに切り替え、資源や在庫の管理を最適化しています。 アナリストによると  Bluetooth 位置情報サービスソリューションの中で資産追跡(RTLS)とタグが継続的な成長の原動力であると結論づけています。ヘルスケア業界も含め、 商用 RTLS システムは今年出荷されるデバイス出荷台数で最大規模を占めています。

128 MILLION

2022年の
Bluetooth®
資産追跡デバイスの
出荷台数

病院および医療機関は Bluetooth® 位置情報サービスソリューションを使用してプロセスを最適化しています

調査によると、病院内の 58% の医療機器は使用されなくなり、10% の機器は病院の棚の上で眠ったままになります。Bluetooth® 技術は機器の追跡および在庫管理、経営効率の改善および無駄の削減を最適化するのに役立ちます。最近のケーススタディでは Riverside Healthcare がどのように Bluetooth 資産追跡システムを活用して、スタッフが迅速に必要な医療機器を探し出し、結果として週40時間の削減に成功したのかをご紹介しています。

40 HOURS

医療スタッフが毎週
医療機器を探すのに
費やしている時間

25 THOUSAND

2022年の
Bluetooth ® 位置情報サービスの
医療現場における導入件数

消費者向け持ち物探索ソリューション

位置情報サービスの高精度化により Bluetooth® 持ち物探索ソリューションの利用が拡大

持ち物探索ソリューションは Bluetooth® 位置情報サービス機器の出荷台数の成長における主要因となっています。 過去一年間、Samsung Galaxy SmartTag および Apple AirTag により、個人向け持ち物探索ソリューションの普及がさらに加速しました。

「2026年までに ABI Researchは Bluetooth パーソナル・トラッキングデバイスの年間出荷台数が 1億4000万台を超えると予測しています。これは、新しい体験、新しいフォームファクタ、精度の向上、主要タグおよびモバイルベンダーによるトラッキング・ネットワークサービスの普及により加速されると予測しています。同時に、将来的に高精度な距離測定が登場することで、Bluetooth がキーレスエントリーの安全なアクセスアプリケーションおよびスマートホームアクセス制御のアプリケーションにより良いサービスを提供できるようになるでしょう」

ABI Research, 2022年

自動車アクセス制御

Bluetooth® 技術は自動車アクセス制御において重要な役割を担っています

デジタルキーの認知度向上と普及は、さらに多くのスマートフォンのアクセス機能および制御機能の需要を牽引しています。Bluetooth® 対応のキーフォブはドアの施錠と開錠を可能にするだけでなく、ドライバーにさらなる利便性をもたらします。

24 MILLION

2022年の
Bluetooth®キーフォブ
および周辺機器の
出荷台数

大手自動車メーカーがスマートフォンのデジタルキー機能への対応を開始

キーフォブの成功を基盤とし、スマートフォンに搭載された Bluetooth®技術は、持ち運びが必要なデバイス数を減らしつつ自動車への安全なアクセスを可能にします。スマートフォンにおける搭載率 100% を達成することにより、Bluetooth 技術はこうしたニーズに応えられる唯一無二の地位を確立しています。

位置情報サービス

未来を推進するソリューション

Bluetooth® 技術のロードマップは新しい高性能ソリューションの開発を推進しています

RSSI、方向検知、そしてまもなく登場する高精度距離測定機能により、Bluetooth® 技術は、パワフルで柔軟な幅広いソリューションに対応します。 精度の向上から低コストでの正確な測位に至るまで、Bluetooth技術は開発者が必要とする信頼性と柔軟性を提供し、さらに強力でより高精度の位置情報サービスソリューションを実現します。

3x GROWTH

今後5年間の Bluetooth® 位置情報サービス機器の年間出荷台数

高精度距離測定は持ち物探索およびデジタルキーソリューションの性能を向上します

高精度距離測定が追加されることにより、持ち物探索ソリューションの性能はより向上し、 ユーザーが探している対象に近づくほどに、より高い精度の探索を実現します。 また高精度距離測定は、車両に近づくと開錠するキーレスエントリーのユーザー体験を向上します。

140 MILLION

2026年までの Bluetooth® 個人向けトラッキングデバイスの年間出荷台数

精度向上により、 Bluetooth® 資産追跡システムの導入が加速する

方向検知と組み合わせることにより 、Bluetooth® RTLS ソリューションの精度はメートル単位からセンチメートル単位へと移行できます。 これは既存のユースケースのパフォーマンスを向上させるとともに、より高い精度と低遅延を求める新しいユースケースを実現します。 メートルと秒単位による測定ではなく、センチメートルとミリ秒単位によって測定する Bluetooth 方向検知は、現在では世界中の スポーツ施設やエンターテイメント会場で、試合中に高速で動くアスリートやパックやボール、その他の動くモノの追跡を可能にしています。

350 MILLION

2026年の Bluetooth® 資産追跡デバイスの出荷台数

4x GROWTH

今後5年間の Bluetooth® 資産追跡デバイスの年間出荷台数

デバイスネットワーク

自宅や商業施設、その他の環境における Bluetooth® デバイスネットワークソリューションは、高い信頼性と安全性を担保しつつ、ネットワーク内にある数十台、数百台、数千台のデバイスに接続できます。

主なユースケース

制御システム

Bluetooth® mesh ネットワーキングは、スマートビルディングやスマートインダストリー市場向けの高度な照明ソリューションなど、多くの制御システムで選択される無線通信プラットフォームとして急速に採用が進んでいます。

モニタリングシステム

Bluetooth®ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)は、照度、温度、湿度、稼働率を監視して、従業員の生産性を向上させ、建物運営に要するコストの削減を可能にします。また、製造機器の状態とメンテナンス要件への適合性を高めて、計画外の稼働停止時間を削減します。

オートメーションシステム

Bluetooth® 技術は、HVAC (暖房、換気、空調) 、照明、セキュリティなど、ビルに欠かせないシステムを自動化し、省エネ活用や運用コスト削減、ビルのコアシステムの耐用年数の延長を図ります。

デバイスネットワーク機器の年間出荷台数は2026年までに10億台を超える見込み

アナリストの予測では、Bluetooth® ネットワーク照明制御やホームオートメーションのソリューションの利用増加に伴い、今後5年間で Bluetooth デバイスネットワーク機器の年間出荷台数は急激に増加し、2026年までに 10億台以上に到達すると考えられています。

1.2 BILLION

2026年までの Bluetooth® デバイスネットワーク機器の年間出荷台数

2.5x GROWTH

2020年から2026年にかけての
Bluetooth® ネットワーク機器の年間出荷台数

デバイスネットワーク

今を牽引するソリューション

Bluetooth® はスマートホーム機器のネットワーク化を実現する主要なテクノロジーのひとつです

Bluetooth® は、多くのスマートホームソリューションにおける主力技術としての地位を確立し、家庭用のIoTにおける役割を拡大しています。 アナリストは、ホームオートメーション用のスマートデバイスの年間出荷台数は2026年までに2倍以上に増加し、わずか5年間で11億台に達すると予測しています。 予測値を引き上げている主なデバイスとして、スマートホームオートメーション用のコントローラー、スマート照明、スマート家電などが挙げられます。

552 MILLION

2022年の Bluetooth® スマートホーム機器の出荷台数

デバイスネットワーク

未来を推進するソリューション

スマートホーム

Bluetooth® 技術はすべてのスマートホーム機器に利用されています

Bluetooth® 技術はすべてのスマートホームソリューションの基本要件となるまでに成長しました。 主要なワイヤレス技術(Bluetooth、Wi-Fi、802.15.4、Zigbee、Thread、Matter など)から独立した技術として、あらゆるスマートホームソリューションがデバイスに搭載するネットワークにBluetooth 技術を選択しています。

1.1 BILLION

2026年の Bluetooth® スマートホーム機器の年間出荷台数

ネットワーク照明制御

Bluetooth®ネットワーク照明制御が主流になりつつあります

LED 照明の急速な普及や、エネルギー効率の向上、導入のしやすさ、より上質な利用者体験への需要の高まりによって、 Bluetooth® 商用ネットワーク照明制御ソリューションの普及が進んでいます。

14.2% CAGR

2022年から2029年にかけての世界の照明制御システムの年間出荷台数

出典:Guidehouse Insights, 2020

「商業ビルのオートメーション市場は 、2021年から2026年にかけて、IoT の中で特に急速に成長する Bluetooth アプリケーションのひとつとなることが予想され、76% の年平均成長率を達成し、年間出荷台数は 約5000万台に成長する見込みです。 Bluetooth 対応の商用照明、スイッチおよびコントローラーの出荷台数は 2026年までに年間800万台近くに達する見込みで、その多くは、 2021年から2026年にかけて13倍に成長し 年間出荷台数が1,350万台に到達することが見込まれる環境センターなど、その他の商業ビルのユースケースの普及を加速させるでしょう」

ABI Research, 2022年

Bluetooth® ネットワーク照明制御の商業的な費用対効果がより明確になっています

オフィス、倉庫、店舗、その他の大規模な商業スペースで使用されている Bluetooth ネットワーク照明制御システムは、ビルの管理者がより高度な制御を行うことを可能にすると同時に、さらなる節約と効率化を実現します。

Bluetooth® ネットワーク照明制御の利点は照明にとどまりません

顧客は建物内をより詳細に把握することを必要としています。Bluetooth® ネットワーク照明制御システムは、環境センサー(空気質、温度、湿度など)や HVAC など、より詳細なデータの取得や他のビルオートメーションシステムとの統合に必要なインフラを提供し、ビルの管理者がコアシステムを自動化して耐用年数を延長することを可能にします。

70%-75%

スマート照明および高度な照明制御によって削減されたエネルギーコスト

出典:Enterprise IoT Insights, 2020

26%

2029年に出荷されるネットワーク照明制御ハードウェアのうち新たなビル オートメーションのユースケースで使用される割合

出典:Guidehouse Insights, 2020

Bluetooth 市場調査コミュニティにぜひご参加ください

Bluetooth® 市場の最新トレンドや予測にいち早くアクセスできるほか、御社や御自身にとってより価値のある調査データを確実に得るために、収集・共有されるデータについて意見を述べることができます。

今すぐ参加登録

お知らせ:Bluetooth SIG は2024年6月6日にプライバシーポリシーを更新しました。詳細はこちら
Get Help