Bluetoothという名前はどこからきたのでしょうか。

誰もがBluetoothという名前は聞いたことがあると思います。ワイヤレス技術と言えば「Bluetooth」。ほぼ同義語といってもよい程に、今や当たり前の存在として私たちの生活に深く浸透しています。スマートフォンからヘッドホン、さらにその先まで、Bluetoothは私たちを有線の世界から解き放っています。

青歯の男

革新的な技術である一方、Bluetoothという名前にはテック感がありません。何かの略語でもありませんし、特に意味があるようにも思えません。Bluetoothにはどのような意味が込められているのでしょうか?

驚くべきことに、この名前の由来は1000年以上前の「青歯王」ハラルド・ゴルムスソンにあります。彼は2つのことで有名です:

  • 958年にデンマークとノルウェーを統合。
  • 死歯があり、それが青黒い灰色だったので、「青歯」というあだ名が付いた

協力の象徴

1996年、業界を代表するIntel、Ericsson、Nokiaの3社が、異なる製品や業界間の接続と連携を支援するため、近距離無線技術の標準化を企画しようと集まりました。

この会議にて、インテルのJim Kardashが仮のコード名として「Bluetooth」を提案しました。「ハラルド・ブルートゥースは、スカンジナビアを統合した王として有名です。ちょうど私たちがパソコン業界と携帯電話業界を近距離無線でつないで統合しようとしているのと同じだと思いました」と言ったことが、後に伝えられています。

つまりBluetoothは、当初はマーケティング担当者たちがもっとクールな名前を付けるまでの仮称に過ぎませんでした。

ただ一つのもの

後に正式名称を選択する段階になったとき、Bluetoothに代わって候補に挙げられていたのがRadioWireとPAN(Personal Area Networking)でした。PANの方が有力でしたが、徹底調査の結果、インターネット上には既に何万ものPANが存在することが判明しました。

RadioWireの商標に関する完全な調査は発売に間に合わず、選択肢は結局Bluetoothだけになってしまいました。しかしこの名前はすぐに定着し、変更する間もなく業界全体に行き渡り、近距離無線技術と同義語とみなされるまでになりました。

「最初」のBluetoothロゴ

Bluetoothのロゴは、新フサルクというルーン文字でハラルド王の名前の頭文字「H」(ᚼ)と「B」(ᛒ)を組み合わせたものです。