Bluetooth 認証プロセスの概要

Bluetooth Qualification Process は、グローバルな製品の相互運用性を促進し、® ブランドとエコシステムの強度を強化する。 Bluetoothブランドとエコシステムの強度を強化し、Bluetooth SIG 全メンバーの利益となります。Qualification は、メンバー 企業がBluetooth 製品がBluetooth Patent & Copyright License AgreementおよびBluetooth Trademark License Agreement(総称して、Bluetooth License Agreement)およびBluetooth Specifications に準拠していることを確認するのに役立ちます。

全てのBluetooth®製品において認証が必須です

  • 製品の「認証」をサプライヤーから引き継ぐことはできません。自社製品(あるいは自社ブランド化した製品)は自ら認証を行う必要があります。
  • 「Bluetooth 認証プロセス」を通じて、御社のメンバー企業アカウント内の製品のみ認証が行えます。
  • 既存の認証(申告ID)に新たなモデルとして製品を追加することでその製品の認証を完了できる場合もありますが、試験を含め新たに認証を得る必要がある場合もあります。適切な認証方法の選択については、Bluetooth認証ツールである Launch Studio をご参照ください。

製品を再販する場合、認証取得状況を確認する必要があります

  • 他社の製品を再販する場合は(自社製品として扱わない場合)、その製品が既に認証取得済みか確認する必要があります。
  • 製品の認証取得状況は、Bluetooth Product Listing データベースをご参照ください。

製品の販売を開始する前に認証を取得する必要があります

  • Bluetooth製品の販売・流通を開始する前日までに認証を得る必要があります。
  • Bluetooth製品の製品リスティングに記載する内容は、製品、製品マークおよびマーケティング資料と正確に一致する必要があります。

製品が認証を取得していない場合

  • Bluetooth 認証プロセスを完了していないと思われる製品は税関によって押収され、Bluetooth SIGの強制措置の対象となる可能性があります。

Bluetooth 認証プロセスを完了させるには

認証プロセスはBluetoothの設計(デザイン)が取り入れられた製品に適用されます。設計(デザイン)とは、Bluetooth®仕様を実装したハードウェアおよびソフトウェアの具体的な構成のことです。設計には、Bluetooth 仕様書の「Compliance Requirements」セクションにある定義に従って、Bluetooth の製品タイプ(Bluetooth Product Type)が割り当てられます。

同じBluetooth 設計を組み込んだ複数の製品を製造している場合、それらの製品は追加費用なしで同じ取得済みの認証(申告ID)に追加できます。

Bluetooth 認証ツールである Launch Studioを使用して、Bluetooth 認証プロセスを行うことができます。Launch Studioでは2つの方法が提供されています。

上記の内いずれの方法が適用されるかについては、製品が新しい設計(デザイン)を採用しているか、既存のBluetooth 設計を採用しているかにより異なります。

試験が不要な認証プロセス

以下に当てはまる場合はこちらの認証プロセスを完了してください。

  • 他のメンバー組織の認証済みBluetooth® 最終製品、またはサブシステムをBluetooth の設計上の変更・追加を加えずに、御社の製品に用いる場合。
  • サードパーティが製造した Bluetooth 製品を購入し、御社の社名またはロゴを使用して流通させる場合(「ホワイト・ラベル」とも呼ばれます)。
  • 認証済みのBluetooth最終製品またはサブシステムだけを使用し、設計上の変更なしに組み合わせる場合。

詳細はこちら

試験が必要な認証プロセス

以下に当てはまる場合はこちらの認証プロセスを完了してください。

  • 新設計の開発、または認証済みのBluetooth®最終製品やサブシステム以外が関係する場合。
  • 認証済みのBluetooth設計で、中核となる構成や機能を変更する場合。
  • 認証済みの製品タイプが Bluetooth コンポーネントに分類される製品を用いた設計を認証する場合。

詳細はこちら

Get Help