Bluetoothを使用する製品はすべて、Bluetoothの認証プロセスを完了する必要があります。

Bluetooth SIGの中心的な役割のひとつは、メンバー各社のBluetooth製品がBluetooth Patent & Copyright License Agreement(Bluetooth特許/著作権ライセンス契約)およびBluetooth Trademark License Agreement(Bluetooth商標ライセンス契約)(併せて「Bluetoothライセンス契約」という)を確実に順守していることを確認することです。こうしてグローバルな製品の相互運用性を促し、Bluetooth®ブランドを強化することは、結果として全てのSIGメンバーの利益につながります。

この役割を、Bluetooth SIGはBluetooth認証プロセスを通じて果たしています。Bluetoothライセンス契約を適用する製品は、必ずこのプロセスを完了する必要があります。

注:小売業者またはサプライヤーで、他社のBluetooth製品を販売・流通するだけでその製品にロゴを追加したり、自社ブランド・自社製品としたりしない場合は、認証プロセスは必要ありません。

Bluetooth認証プロセスを実施する

Bluetooth認証プロセスを実施するには、オンライツールのLaunch Studio を使用します。対象製品のBluetoothに関連する設計が新規、既存のどちらであるかによって、Launch Studio内でのプロセスが異なります。詳細についてはGetting Started Check List(開始のためのチェックリスト)をダウンロードしてください。またサポートが必要な場合は、いつでもお問い合わせください

1: テストが不要な場合の認証プロセス

以下の場合のプロセスです。

  • 別のメンバーが認証したBluetoothの最終製品、またはサブシステムを、Bluetooth機能には変更・追加を加えずにそのまま自社製品内で使用する場合
  • 第三者が製造する製品を購入し、自社の名前またはロゴを追加して流通させる場合
  • 認証済みのBluetoothのサブシステム製品や、最終製品のみを組み合わせている場合(ただし、組み合わせる過程で設計変更することは不可)

2:テストを要する場合の認証プロセス

以下に該当する場合のプロセスです。

  • 認証済みのBluetoothのサブシステム製品や、最終製品のみを使用するのではない製品または製品の組み合わせである場合

よくある質問

認証しなかった場合はどうなりますか?

製品を認証しない場合、認証を促す措置の対象となります。段階的に実施される措置の概要に関しては最新のポリシー文書をご参照ください。是正されない場合には、Bluetooth SIGのメンバーシップを一時停止または剥奪される可能性があります。

自社製品について認証を受けなくてよい場合はありますか?

小売業者またはサプライヤーが、他社のBluetooth製品を販売・流通するだけで、自社ブランド・自社製品とはしない場合は認証の必要はありません。