序章

Bluetooth SIG メンバー コミュニティは、Bluetooth® テクノロジーの機能を向上させ、新たな市場トレンドの形成に貢献するイノベーションの提供に専心しています。ワイヤレスオーディオやウェアラブルデバイスから資産追跡や電子棚ラベルソリューションに至るまで、Bluetooth SIG メンバー 各企業は消費者、商業、産業のユースケースのニーズに応え続けています。

2024年Bluetooth®市場最新情報には、LE Audio、Auracast™の展開、Bluetooth Classic AudioからLE Audioへの移行に関する最新予測の概要が含まれています。また、電子棚ラベル(ESL)やアンビエントIoTなど、新たな大量市場の進展にも注目しています。これらの市場が今後どのように発展していくのか楽しみである。

2024 Bluetooth® Market Update の予測は、よりコネクテッドな世界を創造するイノベーションを開発している多くのBluetooth SIG メンバーのたゆまぬ努力を反映しています。


Bluetooth® Market Update は、ABI Research 社の最新予測と他の複数のアナリスト企業の洞察に裏打ちされたもので、世界のモノのインターネット(IoT)の意思決定者が、Bluetooth 技術が技術ロードマップや市場で果たす役割について最新の情報を入手できるようにすることを目的としています。

特に断りのない限り、出典の明記のない統計データは ABI Research を出典としています。ABI Research は、Bluetooth データセット(2023年第4四半期, CR-BLU-148)、無線接続(2024年第1四半期, MD-WCMT-194)、モバイルアクセサリーおよびウェアラブルデバイス(2023年第3四半期, MD-WEAR-109)、資産追跡 IoT 技術(2023年第2四半期, MD-AST-101)などのデータを参照しています。

Bluetooth®
累計出荷台数

Shipments

年間出荷台数

デバイス総出荷台数の推移は堅調な増加が見込まれます

アナリストの予測によると、新型コロナウイルスの世界的流行後の長期予測は力強い成長に戻りつつあります。2028 年までに年間 75 億台の Bluetooth 対応機器が出荷され、今後 5 年間の年平均成長率(CAGR)は 8% になると予測されます。

総出荷数

バージョン別出荷数

Bluetooth®テクノロジーは複数の無線オプションをサポートしているため、開発者は顧客独自の接続ニーズを満たす製品を作ることができます。

現在、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、テレビを含むすべての主要なプラットフォー ムデバイスは、Bluetooth Classic と Bluetooth LE の両方が搭載された Bluetooth デュアルモードデバイスです。このため過去 5 年間に出荷された Bluetooth デバイスのほとんどはデュアルモードであり、今後も同様となる見通しです。さらに LE Audio の導入に伴い、イヤホンなど多くのオーディオ機器も Bluetooth デュアルモードによる作動に移行しつつあります。

コネクテッド・コンシューマー・エレクトロニクス機器の継続的な力強い成長と LE オーディオの採用拡大により、周辺機器は引き続きシングルモードBluetooth LE 機器の出荷台数の成長を牽引する。今後 5 年間、シングルモード・Bluetooth® LE 機器の年間出荷台数は、デュアルモード・機器の年間出荷台数 にほぼ匹敵する。

1.8 BILLION

Bluetooth® LEシングルモード機器は2024年に出荷されると予測

周辺機器がシングルモードBluetooth® LEデバイスの成長を牽引

周辺機器の継続的な力強い成長に牽引され、Bluetooth® LE シングルモード機器の出荷台数は、今後 5 年間で 2 倍以上になると予測されています。さらに、シングルモード LE デバイスとデュアルモード Classic + LE デバイスの両方を考慮すると、2028 年までにBluetooth 全デバイスの 97%がBluetooth LE を搭載すると予想されます。

100%

主な新型スマートフォン、タブレット、ノートパソコンのうち、デュアルモード(Bluetooth® Classic +Bluetooth LE)をサポートしています。

すべての主要プラットフォーム・デバイスがBluetooth® ClassicおよびBluetooth LEをサポート

開発者は、Bluetooth® Classic とBluetooth LE がすべての主要プラットフォーム機器に搭載されていることを期待することができます。Bluetooth LEとBluetooth Classicは、新しい携帯電話、タブレット、ラップトップのほぼ100%に搭載されており、Bluetooth テクノロジーがサポートするデュアルモードプラットフォームデバイスの数は、完全に市場の飽和状態に達しています。

3.5 BILLION

Bluetooth®周辺機器は2024年に出荷され、2028年には55億台に成長する見込み

周辺機器がBluetooth®機器の出荷台数の伸びを牽引し続ける

ほぼすべてのスマートフォン、タブレット、PCがBluetooth® LEをサポートしているため、周辺機器におけるBluetooth 技術の成長率はプラットフォーム機器の成長率を上回り続け、今後5年間のCAGRは12%で成長する。

今後の機能強化

Bluetooth SIG メンバー コミュニティは、Bluetooth® テクノロジーの能力を拡大し続け、技術革新の原動力となり、新たな市場を創造し、ワイヤレス通信の可能性を再定義しています。メンバー の企業間の努力と協力により、継続的なイノベーションが推進されています。通常、50 以上のアクティブな仕様プロジェクトが進行中であり、Bluetooth テクノロジーを強化するために進行中の作業の一部をご紹介します。

チャネルサウンディング

現在、Bluetooth®ワイヤレス技術には、広告(プレゼンス)、RSSI(コースレンジング)、方向探知(高精度の方向探知)が含まれ、デバイスの測位機能が増加しているが、現在、2つのBluetooth 対応デバイス間で安全で微細な測距を可能にする仕様開発プロジェクトが進行中である。この機能は、さらに高い精度を提供できる位置特定システムの構築をサポートすると期待されている。

データスループットの向上

LE 2M PHY は、消費者がスマートフォンに接続する IoT 機器の増加に伴うデータ転送性能の向上な ど、多くの市場機会に対応するために導入された。今日、ますます多くの接続機器が、より大きなメディアのストリーミングに対応するだけでなく、 より高いパフォーマンスを求めており、より高いデータレートの Bluetooth® LE PHY の恩恵を受けています。高データスループット・プロジェクトは、このような市場ニーズの高まりに対応するために設立され、最大 8 Mbps のデータレートをサポートする予定です。

Bluetooth LE のより高周波数帯域への対応

現在、6GHz 帯を含む免許不要のミッドバンド周波数帯における Bluetooth® LE の動作を定義するため の仕様策定プロジェクトが進行中です。この新たな周波数帯拡大プロジェクトは、より高いデータスループット、低遅延、より高い測位精度など、Bluetooth の性能向上を将来にわたって継続できるようにするものです。

新たなユースケース

Bluetooth SIG メンバー コミュニティが革新的な機能や性能を開発し続ける中、Bluetooth®テクノロジーは、より多くの従来のユースケースに利用されるだけでなく、幅広い新たなユースケースを生み出し、拡大しています。

オーラキャストTM放送音声

AuracastTMブロードキャスト・オーディオは、人生を変えるオーディオ体験を提供する新しいBluetooth®機能です。オーディオを共有し、ミュートを解除し、最高の音で聴くことができます。

詳細はこちら

デジタルキー

スマートフォンが日常生活の中でその役割を拡大し続ける中、Bluetooth®テクノロジーは、スマートフォンを便利で安全なデジタルキーとして使用することを可能にし、車や自宅、オフィスビルなどに近づくとドアやスペースの鍵を開けることができる。

詳細はこちら

電子棚札

電子棚札(ESL)は、バッテリーで稼働する電子ペーパー(e-paper)の小型ディスプレイで、紙ラベルの代わりに棚端に設置して商品および価格情報を表示します。ESL は無線技術を使用して中央のハブと通信し、動的な自動価格表示ネットワークを形成します。ESL は小売業における価格表示の自動化、棚卸しの改善、買物客の利便性向上に貢献します。

詳細はこちら

ネットワーク照明制御

ネットワーク照明制御(NLC)システムは、個別にアドレス指定可能なセンサー豊富な照明器具と制御装置のインテリジェントなネットワークが特徴で、システムの各コンポーネントがデータを送受信できるようになっています。Bluetooth® NLCシステムは、オフィス、小売店、ヘルスケア、工場、その他の商業施設に導入され、省エネ、居住体験の向上、より効率的なビル運営を実現します。

詳細はこちら

スポットライト

アンビエントIoT - 新たなBluetooth® IoTデバイスの出現

アンビエントIoT は、電波、光、運動、熱、その他の周囲に存在する環境エネルギー源からエネルギーを取り込み主な電力源とする、新しいクラスの IoT デバイスです。最近、Bluetooth SIG は ABI Research との提携により、以下の内容を含む新たな市場調査レポートを公開しました。

  • アンビエントIoT の定義
  • 対象となるユースケースの概要
  • アンビエントIoT が持つ可能性を活かすために必要な次のステップ

また、低消費電力、低コスト、柔軟性、相互運用性、拡張性を特徴とするBluetooth®技術が、アンビエントIoTのユースケースに対応する上で中心的な役割を果たすことも解説しています。

今すぐダウンロード

Bluetooth®
ソリューション分野

Areas

市場のニーズに応えるソリューション

Bluetooth® テクノロジは、ワイヤレス接続に対する拡大し続けるニーズに対応するため、フルスタックの目的別ソリューションを提供します。最初にオーディオストリーミングに対応した後、Bluetooth 技術は、低消費電力データ転送、屋内位置情報サービス、および信頼性の高い大規模なデバイスネットワークへと拡大してきました。

オーディオストリーミング

詳細はこちら

データ転送

詳細はこちら

位置情報サービス

詳細はこちら

デバイスネットワーク

詳細はこちら

オーディオストリーミング

オーディオケーブルは、Bluetooth®テクノロジーが最初に切断したコードのひとつです。ヘッドフォンやスピーカーなどの煩わしい配線を取り除き、Bluetooth テクノロジーはオーディオに革命をもたらし、私たちがメディアを消費し、世界を体験する方法を永遠に変えました。

主要なデバイスカテゴリー

ワイヤレスヘッドセット

パッド付きイヤホンからトゥルーワイヤレスイヤホンまで、Bluetooth®ヘッドセットは今や携帯電話の必須アクセサリーです。

ワイヤレススピーカー

自宅の Hi-Fi エンターテインメントシステムはもちろん、ビーチや公園でも使用できるポータブルオーディオなど、多種多様な形とサイズのスピーカーがあり、あらゆる場面で使用されています。

車載システム

Bluetooth®車載インフォテインメント・システムは、ドライバーのスマートフォンとペアリングすることで、ハンズフリーのオーディオ・ストリーミングと通話を可能にし、ドライバーは最も重要なことに集中することができます。

補聴器

LEオーディオは、標準的なBluetooth®補聴器の開発に加え、次世代の補聴システムを可能にするAuracast™放送音声のサポートを追加します。

オーディオストリーミングデバイスの出荷台数は引き続き伸長しています

Bluetooth®オーディオは、パンデミック後の困難や景気減速にもかかわらず、直線的な成長を続けている。

1.38x GROWTH

2024年から2028年までのBluetooth®オーディオ・ストリーミング機器の年間出荷台数

オーディオストリーミング

今を牽引するソリューション

イヤホンの出荷台数は増加の一途をたどり、市場をリードしています

2024年には4億4,800万台のBluetooth® イヤホンが出荷されると予測。2028年には、Bluetooth イヤホンの年間出荷台数は59%増加し、7億1,200万台に達すると予測される。

59%

2024年に出荷されるBluetooth®ワイヤレスヘッドセットのうち、イヤホンが占める割合が高まる

Bluetooth®テクノロジーは、ほぼすべてのスピーカーに搭載されている

全体的な需要が高まり、より柔軟でモビリティの高い製品への要望が高まるにつれ、スピーカーへのBluetooth®テクノロジーの採用も拡大し続けるでしょう。

262 MILLION

2024 年に予測される Bluetooth スピーカーの出荷台数

オーディオストリーミング

未来を推進するソリューション

LE Audio は、約 25 年にわたるイノベーションを基盤として、Bluetooth® オーディオの性能を強化し、補聴器の標準サポートを追加し、さらに、オーディオソース機器(スマートフォン、タブレット、テレビ、公共のサウンドシステムなど)が、1 つ以上のオーディオストリームを無制限のオーディオシンク機器(イヤホン、スピーカー、補聴器など)にブロードキャストすることを可能にする新機能、Auracast™ ブロードキャストオーディオを導入します。Auracast™ ブロードキャスト・オーディオは、パーソナル・オーディオやロケーション・ベースのオーディオ共有の実現など、イノベーションのための重要な新しい機会を開きます。

Auracast™放送オーディオは新しいオーディオ体験を創造する

アナリストは、今後 5 年間で Auracast™ 対応機器と公共の場所での導入が大幅に増加し、新たな体験が促進さ れ、Bluetooth® オーディオ周辺機器の価値が高まり、オーディオ・アクセシビリティの可能性を広げるリスニング支援ソ リューションに新たなスケーラビリティ・オプションが生まれると予想しています。Auracast™ 導入のこの成長は、LE Audio 機器の普及速度に直接影響を与えます。サムスンやシャオミのような主要なスマートフォン企業は、すでにAuracast™放送音声をサポートするようOSをアップデートしています。

2.5 MILLION

2030年までに公共施設にAuracast™放送音声が導入される見込み

LE Audio はオーディオパフォーマンスを強化します

LE Audio は、より低い消費電力でより高い音質を提供します。それによりオーディオ開発者が消費者の性能要求の高まりに応えることを可能にし、オーディオ周辺機器市場(ヘッドセット、イヤホン、補聴器など)全体の継続的な成長を推進します。

3 BILLION

2028 年までに予測される LE Audio 対応デバイスの年間出荷台数

「ABIリサーチは、Auracast™放送オーディオ機能がBluetooth®オーディオおよび補助リスニング機器の標準機能になり、個人的なオーディオ共有から公共の場での拡張リスニングや補助リスニングまで、さまざまな革新的オーディオユーザー体験を可能にすると予想しています。

アンドリュー・ジニャーニ、ABI Research

LEオーディオは補聴器のBluetooth®オーディオの実装を標準化する

業界の専門家は、LE Audio が補聴器に迅速に導入されると予測しています。補聴器サポートの充実と難聴者の満足度向上に貢献することにより、LE Audio には、現在 15 億人を超える難聴者に聴覚補助を提供できる可能性があります。

2.5 BILLION

2050 年までに
ある程度の聴覚障害を
抱えると予測される
人口

継続的な成長を遂げる OTC 補聴器市場

米国食品医薬品局は、2022年に一般用補聴器のカテゴリーを創設した。米国では、診察、聴力検査、処方箋なしでOTC補聴器を購入できるようになったため、今後5年間でブルートゥース®OTC補聴器の普及が加速すると予想される。

10x INCREASE

2028年までのBluetooth®対応OTC補聴器の年間出荷台数について

オーディオストリーミング

LE Audio への移行

デュアルモードはBluetooth® Classic AudioとLE Audioの架け橋となる

LE オーディオを採用する際、エコシステム・ベンダー(プラットフォーム及び周辺機器サプライヤーを含 む)は、おそらく異なる戦略を実施し、様々なペースでこの技術を機器に組み込むことになるであろう。本予測期間を通じて、ほとんどのメーカーは移行を促進するためにデュアルモード・オーディ オ・ソリューションの提供を開始するであろう。やがてエコシステムが成熟し、新たなユースケースが固まるにつれて、スタンドアローンの LE オーディオ・デバイスが大幅に増加するとアナリストは予想している。



データ転送

フィットネストラッカーや健康モニターから玩具やツールに至るまで、何十億という新しいBluetooth®低消費電力データ転送デバイスが日々消費者を配線から解放しています。

主要なデバイスカテゴリー

スポーツ&フィットネス

Bluetooth®テクノロジーは、フィットネストラッカーやスマートウォッチのようなウェアラブルデバイスを駆動し、歩数、運動量、活動量、睡眠をモニターするために、あらゆる場所で手首に装着されている。

PC 周辺機器およびアクセサリー

Bluetooth®テクノロジーの原動力は、ワイヤーからの解放です。キーボードであれ、トラックパッドであれ、マウスであれ、周辺機器はもはや、制御するシステムとの接続にワイヤーを必要としません。

ヘルス&ウェルネス

血圧モニターからポータブル超音波やX線画像システムまで、Bluetooth®テクノロジーは、医療従事者が質の高いケアを提供しやすくすると同時に、人々の総合的な健康状態の把握と改善に役立ちます。

1.56x GROWTH

2024年から2028年までのBluetooth®データ転送機器の年間出荷台数

データ転送

今を牽引するソリューション

健康に対する意識の高まりが、ウェアラブルの成長を促進しています

スマートウォッチや、スポーツ、フィットネス、ウェルネストラッカーへの需要は、健康意識の高まりやパンデミック後のオンラインヘルスサービスの浸透、ヘルスセンサーの新たな技術的進歩によって拡大しています。

177 MILLION

Bluetooth®スマートウォッチは2024年に出荷予定

35 MILLION

スポーツ、フィットネス、ウェルネス用Bluetooth®トラッカーが2024年に出荷開始



コンシューマー・エンターテインメント機器業界は、Bluetooth®技術を標準化しています。

利便性向上への欲求から、テレビ、スピーカー、セットトップボックス、ゲーム機などの製品用リモコンの需要が増加しています。

334 MILLION

Bluetooth® OEMリモコンは2024年に出荷予定

85 MILLION

Bluetooth®ゲームコントローラーは2024年に出荷予定



ハイブリッドワークや在宅勤務の継続的増加により、PC アクセサリーの需要が高まっています

Bluetooth® PCアクセサリーの需要は引き続き高い。過去5年間でリモートワークが44%増加し、自宅を個人と仕事を兼ねたスペースとして利用する人が増えています。このため、Bluetooth 接続された家庭用および周辺機器へのニーズが高まっています。

325 MILLION

2024 年に予測される PC アクセサリーの出荷台数

データ転送

未来を推進するソリューション

ブルートゥース®ウェアラブルは力強い成長を続けている

Bluetooth®対応フィットネストラッカーやヘルスモニターによる個人の健康増進効果への理解が深まり、あらゆる年齢層におけるウェアラブルデバイスの需要が高まっています。

648 MILLION

2028年にはBluetooth®ウェアラブルが出荷される見込み

スマートウォッチがウェアラブルカテゴリーを牽引し続けます

スマートウォッチがより洗練され、より多くの機能を採用するようになるにつれて、スマートウォッチは人々の接続を維持する役割(電話、電子メール、テキスト、音楽など)を引き継ぐだけでなく、フィットネスやウェルネス・トラッカーの役割も引き継ぐようになっている。今年は1億7,700万台のBluetooth®スマートウォッチが出荷され、2028年にはその数は1.5倍の2億3,400万台まで増加する見込みです。

234 MILLION

Bluetooth®スマートウォッチは2028年に出荷されると予測

Bluetooth®AR/VRデバイスは大きな成長を遂げる

ウェアラブルデバイスの定義は拡大を続けています。ウェアラブルデバイスは多様な形態や機能が製造されており、これまで述べてきた以外の体験を実現し拡張する助けとなります。これにはゲーム用やバーチャルトレーニング用の VR ヘッドセットに加え、工業製造用、倉庫管理業務用、資産追跡用のウェアラブルスキャナやカメラが該当します。2028 年までに年間 8000 万台近くの Bluetooth VR ヘッドセットが出荷される見通しです。


スマートグラスはナビゲーションに使用され、ユーザーに移動経路(およびその他の補足情報など)をスーパーインポーズによって表示します。スマートグラスはまた、トレーナー研修の目的や、タスクやプロセスの記録を通じた教育支援、完了したタスクのバーチャルな確認にも使用されます。アナリストの予測では、2028 年までに 4300 万台を超える Bluetooth AR スマートグラスが出荷される見込みです。

5x GROWTH

今後5年間、Bluetooth® VRヘッドセットで


4x GROWTH

今後5年間のBluetooth® VRコントローラの市場規模

24x GROWTH

2024年から2028年までのBluetooth® ARスマートグラス市場

位置情報サービス

Bluetooth®技術は現在、高精度の位置情報サービスに対する需要の高まりに対応するため、機器の測位技術として広く使用されています。Bluetooth 、あるデバイスが別のデバイスの存在、距離、方向を特定できるようにすることで、Bluetooth 、他の測位無線にはない柔軟性を実現し、ビル管理者やオーナーは、ビルの多様で変化するニーズに合わせて屋内測位ソリューションを拡張することができます。

主要なデバイスカテゴリー

資産追跡タグ

Bluetooth®テクノロジーは、倉庫の工具や作業員、病院の医療機器や患者など、モノや人の追跡に使用されるリアルタイム・ロケーティング・システム(RTLS)ソリューションの急速な成長を支えています。

個人向け持ち物探索ソリューション

Bluetooth®タグを鍵、財布、財布などの所持品に取り付ける消費者が増えている。タグの付いたアイテムを紛失した場合、ユーザーはスマートフォンのアプリケーションを起動するだけで、その場所を特定できる。

入退室管理システム

スマートフォンは、日常生活での役割を拡大し続けている。Bluetooth®技術により、スマートフォンは便利で安全なデジタルキーとして使用できるようになり、車や自宅、オフィスビルなどに近づくとドアやスペースの鍵を開けることができる。

2.68x GROWTH

2024年から2028年までのBluetooth®位置情報サービス・デバイス年間出荷台数

位置情報サービス

今を牽引するソリューション

商業資産追跡システム

Bluetooth®リアルタイム・ロケーション・システム(RTLS)が急速に加速

Bluetooth® RTLS の導入は、5 年間の予測期間を通じて大きな成長が見込まれている。製造業における新たな安全規制要件、より厳格なコンプライアンス手順、持続可能な運用対策により、RTLS ソリューションはこれまで以上に現実的なものとなっています。

178 THOUSAND

2024年末までのBluetooth® RTLS実装総数

ブルートゥースによる商業用資産追跡ソリューションの急速な拡大が、Bluetooth 位置情報サービスの成長を牽引している。

より多くの商業施設や産業施設が、資源と在庫管理を最適化するためにBluetooth®資産追跡ソリューションに注目している。アナリストは、Bluetooth 位置情報サービスデバイスの中でも、資産追跡のアンカーポイントとタグが継続的な成長の主な原動力であると結論づけている。

107  MILLION

Bluetooth®資産追跡機器が2024年に出荷開始

消費者向け持ち物探索ソリューション

個人向け持ち物探索ソリューションの年間出荷台数が継続的に増加しています

Bluetooth®アイテムファインディング・イノベーションは、精度の向上と個人用アイテムファインディングおよびデバイストラッキングソリューションへの需要の高まりにより、2028年までに年間出荷数が4倍に増加する見込みである。

115 MILLION

Bluetooth®個人向けアイテム検索ソリューションが2024年に出荷されると予測

アクセス制御ソリューション

Bluetooth®技術は、自動車のアクセス制御で重要な役割を果たしている

デジタルキーの認知度と受容度の高まりにより、スマートフォンでのアクセスおよび制御機能の需要が高まっている。Bluetooth®ベースのフォブはドアの施錠・解錠だけでなく、ドライバーにさらなる利便性をもたらす。

29 MILLION

Bluetooth®キーフォブとアクセサリーは2024年に出荷予定

大手自動車メーカーがスマートフォンのデジタルキー機能への対応を開始

キーフォブの成功に基づき、スマートフォンのBluetooth®技術は、携帯する必要があるデバイスの数を制限しながら、自動車への安全なアクセスと制御に役立ちます。スマートフォンへの普及率100%を達成したBluetooth 。

100%

新しいスマートフォンのBluetooth®テクノロジー

位置情報サービス

未来を推進するソリューション

サプライチェーンの可視性向上への需要がBluetooth®資産追跡の成長を牽引

サプライチェーンの可視性向上を実現するための主要なユースケースが新たに出現しつつあります。リアルタイムの位置追跡や、あらゆる製品に関するエンドツーエンドの可視性に対するベンダーからの需要の高まりに伴い、製薬業界や食品業界では、統合ソリューションをサポートするBluetooth のような技術に注目が集まっています。

322 MILLION

Bluetooth®資産追跡機器は2028年に出荷されると予測

Bluetooth®セキュア・ファイン・レンジングは、位置情報サービス・ソリューションの性能に新たな基準を打ち立てるだろう

Bluetooth®テクノロジーは間もなく、安全な測距機能を追加する予定であり、これにより、ユーザーが探し物に近づくにつれて、アイテム検索ソリューションがより高い精度を提供できるようになり、パッシブ・キーレス・エントリー・ソリューションがセキュリティと精度の新たなレイヤーを追加できるようになり、リアルタイム・ロケーティング・システムの性能が向上する。

スポットライト

スマートラベルの登場

Bluetooth のトラッキングタグに、新たなクラスが登場しました。 この革新的なラベルは、電波、光、運動、熱、その他の周囲にある利用可能なエネルギー源からエネルギーを取り込んで動力源とし、多様なユースケースに対応することで、さまざまな業界の資産追跡を再定義しています。このラベルは低コストかつバッテリーフリーで、新たなクラスに属し、従来実現が不可能だった資産追跡のユースケースを可能にしています。医薬品や農産物のような主要産業におけるサプライチェーンの可視性向上はその一例です。現時点での市場予測には含まれていませんが、スマートラベルは今後の Bluetooth 技術における新たな潮流を代表する存在です 。

スマートラベルの詳細については、アンビエントIoT市場調査レポートをお読みください。

デバイスネットワーク

家庭、商業、その他の環境におけるBluetooth®デバイスネットワークソリューションは、ネットワーク内の数十、数百、数千のデバイスを確実かつ安全に接続することができます。

主要なデバイスカテゴリー

スマートホームデバイス

照明、サーモスタット、家電製品、カーテン、セキュリティシステムなどを含むBluetooth®スマートホームデバイスにより、ユーザーは家庭環境の制御や自動化、エネルギー使用量の監視、セキュリティの強化を簡単に行うことができる。

ネットワーク照明制御デバイス

Bluetooth®ネットワーク照明制御(NLC)システムは、オフィス、小売店、ヘルスケア、工場、その他の商業施設に導入され、省エネ、居住体験の向上、効率的なビル運営を実現しています。

状態監視システム

Bluetooth®ワイヤレスセンサーネットワークは、照度、温度、湿度、占有率をモニターし、従業員の生産性を向上させ、ビルの運営コストを削減します。

電子棚札

Bluetooth®電子棚札(ESL)は、電池駆動の小型電子ペーパー(e-paper)ディスプレイで、商品と価格情報を棚の端に表示し、紙のラベルの代わりとなります。小売業者が価格設定を自動化し、棚在庫を改善し、買い物客の体験を向上させるのに役立ちます。

2.44x GROWTH

2024年から2028年までのBluetooth® デバイス・ネットワーク年間出荷台数

デバイスネットワーク

今を牽引するソリューション

スマートホームデバイスが引き続き市場における大きな役割を果たします

今日、Bluetooth®テクノロジーはすべてのスマートホームデバイスのコミッショニングに選択される無線であり、スマートホームにおける支配的な無線となっています。現在、Matter規格に含まれたことで、スマートホームにおけるBluetooth テクノロジーの役割は、今後何年も他の追随を許さないだろう。

675 MILLION

Bluetooth®スマートホーム機器は2024年に出荷される見込み

スマートホーム市場におけるコネクティビティの向上は、スマート家電の大幅な増加をもたらします

Bluetooth®テクノロジーは、多くのスマートホーム・ソリューションで採用される技術として確立し、現在では家庭用IoTでもその役割を拡大している。空気清浄機とコンディショナー、カウンタートップ家電の市場が最も成長し、出荷台数は前回予測の3倍に増加した。

203 MILLION

Bluetooth®スマート家電は2024年に出荷される見込み

デバイスネットワーク

未来を推進するソリューション

ネットワーク照明制御

Bluetooth®ネットワーク照明制御が主流に

LEDの普及、より高いエネルギー効率、より迅速な展開能力、より質の高い居住体験への要望が、Bluetooth®業務用ネットワーク照明制御ソリューションの需要を牽引しています。

115%   CAGR  

今後5年間のBluetooth®ネットワーク照明制御機器の普及率

電子棚札

Bluetooth®電子棚ラベルが新たな大量生産市場に浮上

電子棚札(ESL)は、常に正確な価格表示、リアルタイムプロモーションや商品情報へのアクセスの向上に加え、より満足度が高く包括的なオムニチャネル体験を提供します。小売業者にとっては、クリック&コレクトの買い物客対応におけるピッキングと配送を合理化する一方で、棚の補充を加速させ、商品在庫を最適化して、販売機会の逸失を防ぐことが可能になります。

100 MILLION

Bluetooth®電子棚札デバイスが2028年までに出荷されると予測

「ESL市場はここ数年で急成長を遂げており、2023年も小売分野での採用が好調な年となった。技術サプライヤーによるBluetooth® ESL規格の利用可能性が高まる一方で、Bluetooth 技術を活用した大規模な導入がすでに発表されています。全世界で数百億枚のラベルがESLに置き換えられる可能性があり、これはBluetooth® ESL技術にとって今後莫大なTAM(Total Addressable Market)が見込まれることを意味します。"

アンドリュー・ジニャーニ、ABI Research

状態監視

Bluetooth®コンディション・モニタリングがセンサー化を促進 

製造工程で使用される機械や設備は、すでに大規模な無線センサーネットワークによって監視されており、産業界のより多くのベンダーが、高額に及ぶ修理回避に役立つ予防的および予測的メンテナンスなど、状態監視のメリットを最大限活用することを望んでいます。アナリストによると、より多くの企業がさまざまな状態監視ソリューションを活用することにより、この分野における使用例が少数分散型になることが予想されます。

32 MILLION

2026年までにBluetooth®状態監視ソリューションが導入される

Bluetooth 市場調査コミュニティにぜひご参加ください

Bluetooth®の最新市場動向や予測にいち早くアクセスし、どのようなデータが収集・共有されるかをご判断ください。

今すぐ参加登録

Get Help