ネットワーク化された照明システムにおけるエネルギー監視のための相互運用可能な規格

ネットワーク対応の照明制御システム(NLC)が広く普及した背景には、エネルギー効率の高さがあります。エネルギーモニタリングには複数の規格があり、それぞれがソリューション全体の一部をカバーしています。このウェビナーでは、これらの規格がどのように連携して、統一された完全な相互運用性を実現するかについて説明します。システムコンポーネントの要件、照明器具レベルの測定値を収集するための実用的な方法、そしてエネルギーデータの収集、集約、可視化のためのシステムレベルのアプローチについて説明します。

関連ブログ記事

2022年のサステナビリティ・ストーリー(Bluetooth )必見5選

Bluetooth®テクノロジーは、オーディオストリーミングの進化でよく知られていますが、最近のBluetooth...

Bluetooth テクノロジーが大規模な商業活動をどのように強化するかを示す7つのケーススタディ

長年にわたり、Bluetooth®テクノロジーの進歩は、オフィスや商業施設などの大規模環境でのオペレーションを強化してきました。

2021年からのネットワーク照明制御に関する10の必見資料

Bluetooth®ネットワーク型照明制御システムは、個別にアドレス指定可能でセンサーを備えたインテリジェントなネットワークを特徴としています...

Get Help