Bluetooth技術が高く評価される主な理由として、開発者の皆様にワイヤレス接続における有効なソリューションを提供し続けてきたことが挙げられます。Bluetoothはワイヤレス技術という一定の枠にとどまるのではなく、接続について数々のニーズを取り込み、目的達成を効果的に実現にする仕組みを提供しています。デバイス間でのオーディオストリーミングやデータ転送、そして位置情報サービスや大規模なデバイスネットワークの構築において、Bluetoothこそが最適なソリューションとして採用される理由もそこにあります。

Bluetooth市場動向 2018」をダウンロード。各ソリューション分野における最新のトレンドや予測をご覧いただけます

オーディオストリーミング

Bluetooth BR/EDR に組み込まれている P2P技術は、デバイス間で1対1(1:1)の通信を確立します。ヘッドセットやスピーカー、ハンズフリー車載システムといったワイヤレスオーディオ製品でのオーディオストリーミングに最適な技術です。

 

オーディオストリーミングの使用例

ワイヤレスヘッドセット
ワイヤレスオーディオ市場に端を発するBluetoothヘッドセットは、今や携帯電話に欠かすことの出来ないアクセサリとなっています。機能性に優れたこの新しいソリューションにより、携帯電話でありながら、オフィスや出先でワイヤレスに高い音質の音楽を楽しむことを可能にしました。

ワイヤレススピーカー
自宅で楽しむHi-Fi エンターテインメントシステム、海や公園に携帯する機器等、それが海の中であってもさまざまな場面に合った、ありとあらゆる形とサイズのスピーカーがあります。

車載システム
Bluetooth技術は自動車市場を支える存在として、現在販売されている車の90%以上に搭載されています。ワイヤレスであるBluetoothを用いることで、ドライバーの安全性を高め、また車内でのエンターテイメントの質を向上させることを可能にしました

データ転送

Bluetooth Low Energy(LE)P2P技術は、1対1(1:1)のデバイス間通信に活用され、特にデータ転送において、消費電力を非常に低く抑えることに優れています。フィットネストラッカーやヘルスモニター等のコネクテッドデバイスに最適な技術です。

 

データ転送の使用例

スポーツ&フィットネスデバイス
Bluetooth LEのデータ転送能力により、あらゆる種類のスポーツ&フィットネスデバイスでワイヤレス接続を可能にします。現在、Bluetoothはシンプルなフィットネストラッカーからプロアスリート向けに洗練された細やかに設定できるデバイスまで、幅広く対応しています。

ヘルス&ウェルネスデバイス
歯ブラシや血圧計、ポータブルな超音波およびX線撮影システムに至るまで、Bluetooth技術は人々の健康状態の把握と向上に貢献し、ヘルスケアの専門家による、さらに質の高いケアを可能にしています。

PC周辺機器&アクセサリ
Bluetoothの強みはケーブルやコードを不要にすることです。ラップトップからスマートフォンに至るまで、私達が日々使っているデバイスは、かつてないスピードで進化しています。Bluetoothの登場で、キーボードやトラックパッド、マウスなどのPC周辺機器やアクセサリはワイヤレスに利用できるようになり、ユーザーはこれまでのケーブルによる煩わしさから解放されました。

位置情報サービス

Bluetooth LEによるブロードキャスト接続のトポロジーは、1対多(1:m)のデバイス通信を実現。特定の範囲内における情報共有に最適化されたソリューションです。スマート市場(スマートビルディングスマートインダストリー、 スマートホームスマートシティなど)における位置情報サービスは、このソリューションを活用したビーコンにより実現されるなど、市場形成にBluetoothは重要な役割を担っています。

 

位置情報サービスの使用例

POI情報
POI(point-of-interest)ビーコンをいち早く採用したのは小売業でしたが、今はスマートシティで、市民生活の利便性の向上や外から訪れる人たちの体験の充実にPOI ビーコンが活用できることが明らかになりつつあります。POIビーコンは、例えば博物館や街の散策ツアーなどに幅広く活用されています。

屋内ナビゲーション
Bluetooth ビーコンをベースにした屋内ナビゲーションや道案内のソリューションは、GPS では対応できない屋内でのサービス提供の課題に対し、標準的な解決策として急速に広まっています。今や世界中の空港や鉄道の駅、スタジアムといった主要な施設で、Bluetoothを基盤にした仕組みが一般的に採用されています。

資産追跡および探し物発見器
Bluetoothビーコンは、拡大を遂げている資産追跡や探し物発見に関する市場に大きく関与。その急速な市場の成長を後押ししています。Bluetoothビーコンは、様々な種類の所持品を探すための仕組みを安価に提供しています。また、Bluetoothの大規模な資産追跡ソリューションは、例えば病院において、院内を迷っている患者を追跡し、適切な場所へ誘導したり、重要なモバイル機器を追跡する際に用いられます。

スペース活用
Bluetooth ビーコンはオフィスビル、空港、展示会場、さらには街中の道路まで、世界中のいたるところに展開され、ビルのオーナーや都市計画担当者にスペース活用のための情報を提供しています。Bluetoothのスペース活用システムによって生産性を大幅に高めると共に、コストの削減と従業員や市民の生活向上に活用されています。

大規模なデバイスネットワーク

The Bluetooth LEによるメッシュ接続のトポロジーは、大規模なデバイスネットワークを構築するために最適化されたネットワークトポロジーです。多対多(m:m)のデバイス通信が可能となっており、数十、数百、数千のデバイスの安全かつ信頼性のある相互通信が必要な制御や監視、オートメーションシステムでの利用に最適です。

 

デバイスネットワークの使用例

制御システム
その規模と信頼性、性能、安全性の高さから、Bluetooth meshはワイヤレスの通信プラットフォームとしてスマートビルディングスマートインダストリー 市場における照明制御など、多数の制御システムに次々と採用されています。

監視システム
ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)市場の急速な拡大に重要な役割を果たしているのがBluetooth meshです。スマートビルディングには大規模な照明、温度、湿度、利用者の感知を行うセンサーネットワークが用いられており、これらを監視することで従業員の生産性を高め、建物の運用コストを削減します。またスマートインダストリー市場では、製造業者が健康や環境、製造機器の保守の必要性を監視する大規模なWSNを展開することで、予期しないダウンタイムを削減します。

オートメーションシステム
ビルディングオートメーションは、ヒーティングや換気、空調(冷暖房機器)、照明、セキュリティといった建物に不可欠なシステムを自動化し、一元管理します。Bluetoothを用いたビルディングオートメーションによって、消費電力および運用コストの削減と、建物のコアシステムの寿命を伸ばすことができます。

関連資料

Enhancing Bluetooth Location Services with Direction Finding

See how the new direction finding feature will enhance the performance of Bluetooth location services solutions

Build a Smarter Building with Blue

See how Bluetooth increases reliability, reduces costs, and enhances your smart building ROI.

The Expanding Role of Bluetooth in Smart Buildings

Watch to see how recent advancements in Bluetooth technology are bringing the smart building of tomorrow to life today.