照明のデジタル化 - 負担か機会か?QualifiedBluetooth® Mesh は、インテリジェントビルにおける照明の役割をどのように変えていくか。

現在、インテリジェント照明に対する一般的な認識は、チャンスというよりも重荷であるというものです。エネルギー管理者にとって、照明器具はエネルギーを大量に消費するものであり、手なずけなければならないものです。設備管理者にとっては、放置されがちで管理が難しく、プログラムも再プログラムも不可能で、維持費も高いインフラです。ビルのオーナーにとっては、光を届けるという本来の役割以外に価値のない減価償却資産です。照明のデジタル化と適格なBluetooth® mesh などの技術の利用は、インテリジェントビルにおける照明の役割のパラダイムを変え、照明に対する認識を負担から絶大な機会へと変化させつつあるのです。このプレゼンテーションでは、qualifiedBluetooth® mesh に対応した照明が、建物全体から豊富で洞察に満ちたデータを提供し、機会の世界へ道を開く方法を紹介します。

関連ブログ記事

Bluetooth テクノロジーが大規模な商業活動をどのように強化するかを示す7つのケーススタディ

長年にわたり、Bluetooth®テクノロジーの進歩は、オフィスや商業施設などの大規模環境でのオペレーションを強化してきました。

2021年からのネットワーク照明制御に関する10の必見資料

Bluetooth®ネットワーク型照明制御システムは、個別にアドレス指定可能でセンサーを備えたインテリジェントなネットワークを特徴としています...

高い拡張性と信頼性、スマートビルディングの照明制御における分散型アプローチ

電球が発明されて以来、人々が最初に求めたのは「...

Get Help