聴覚補助

あらゆるライフステージにおいて、コミュニケーションと良好な聴覚の健康は、私たちを互いに、地域社会に、そして世界に結び付けています。誘導ループなどの現在の聴覚補助システム(ALS)技術は、難聴者に大きな利益をもたらしてきましたが、品質の低さ、高コスト、プライバシーの欠如など、その普及を制限する多くの課題に悩まされてきました。Bluetooth SIG 補聴器業界と密接に協力し、次世代の補聴システム技術であるAuracast™放送音声を定義し導入しました。

次世代型アシストリスニングの登場です。

補聴器業界は、Auracast™ 放送音声を使用した従来の補聴器システム(ALS)の課題を克服するため、Bluetooth®テクノロジーに注目しました。この新しいBluetooth 機能により、難聴者のための ALS の幅広い展開と利用可能性の向上が可能になると同時に、これらのシステムがあらゆるレベルの聴覚障害を持つ消費者に適用されるようになる理由をご覧ください。


すべての人にオーディオ・アクセシビリティを

Auracast™放送音声は、より高い音質とプライバシーを提供しながら、より簡単かつ低コストで導入できる先進の新しい聴覚補助システムとなります。従来の ALS 技術が抱えていた課題を、ほとんどの民生用オーディオ機器に搭載されている身近で実績のある技術で克服することにより、難聴者のための ALS の幅広い展開と利用可能性の向上、さらにあらゆるレベルの聴覚障害者にこれらのシステムの適用を拡大することができるという利点も得られます。

会議場、映画館、交通機関、礼拝所などの公共施設にAuracast™放送音声を導入し、すべての人の聞こえを良くすることで、より良い生活を推進します。

ヒアリング業界の声

Get Help