Bluetooth LE: ポイント ツー ポイント

Bluetooth 低エネルギー(LE)は、電力に注力する Bluetooth で、モノのインターネット(IoT)のために開発されました。

Bluetooth® LE は短時間の無線接続を可能にし、1対1 (1:1) のデバイス通信を可能にするポイント ツー ポイント (P2P) トポロジーなど、複数のネットワークトポロジーを採用しています。Bluetooth LE P2P はデータ転送を最適化し、フィットネストラッカーやヘルスモニターなど、常時接続型の製品に最適です。

サンプル市場

スポーツ & フィットネス

Bluetooth LE は低電力消費でデータを送信できるため、無線接続機能を備えたあらゆるタイプのスポーツおよびフィットネス機器での利用に適しています。今日、Bluetooth ソリューションは基本的なフィットネストラッキングデバイスから、プロアスリートのパフォーマンス調整に役立つ最新デバイスに至るまで幅広く活用されています。


ヘルス & ウェルネス

歯ブラシや血圧モニターから携帯型の超音波および X 線映像システムに至るまで、Bluetooth 技術は健康全般の記録や改善に一役買っています。また、医療従事者が質の高い医療ケアを提供するのにも役立っています。


PC 周辺機器 & アクセサリー

ケーブルからの解放の陰の立役者は Bluetooth のもつ駆動力です。ノート型 PC からスマートフォンに至るまで毎日使うデバイスは日夜進化を続けています。キーボード、トラックパッド、マウス、トラックパッドなど、Bluetooth のおかげで無線接続が可能になりました。


市場サイズ

Bluetooth LE ポイント ツー ポイントテクノロジーは、グローバルな接続型デバイス市場の核を成しています。これらのデバイスでの需要はこの 5 年間で急速に拡大し、2016 年には 5 億台を越え、2021 年には 10 億台を突破することが予想されています。