Bluetooth の活躍を見る

Bluetooth は、人々が接続する、仕事をこなす、作成する、楽しむ方法を変えます。

私たちは、接続された世界に住み、仕事をこなしていますが、これは、何十億にのぼるデバイスやセンサー間におけるデータのシームレスな交換によって実現されています。 モノのインターネット(IoT)の進歩が加速するにつれ、 Bluetooth®  技術は、携帯電話から自動車、製造工場や配送センター、医療機器に至るまで、—より多くの場所でより多くのデバイスを接続するグローバルなビジョンを可能にしています。 

世界中の消費者に認められている Bluetooth ブランドの認知度は 97% までに及びます。

現在、30,000 の企業が、Bluetooth を利用して製品を生み出し、82 億を超える、Bluetooth 機能を搭載した製品を出荷しています。2017 年初旬には、新しい技術強化が発表されますが、ABI Research は、この新技術に推進されることで、新しい Bluetooth 対応デバイスが 2021 年までに毎年平均 5 億台という爆発的な増加を見ることになるとしています。これは、広範な家庭、企業、商業市場にわたり、毎年 50 億を超える革新的な Bluetooth 製品が生まれることを意味します。実際、Bluetooth は、2020 年までに、推定でインストールされているすべての IoT デバイスの 3 分の 1 に統合されます。

IoT 革新において、次の波をリード

2017 年は、ウェアラブルからスマートホームデバイスまで、市場で低電力の Bluetooth アプリケーションの波を構築し、Bluetooth 搭載の無線技術革新の新時代をマークします。Bluetooth 5 は、Bluetooth 4.2 で導入された低エネルギー効率を特徴とするほか、範囲を 4 倍、伝送速度を 2 倍、ブロードキャスト能力を 800% 増加させることで無線接続を変革します。メッシュ ネットワークとインターネット プロトコルのサポートにより、Bluetooth 5 は、ビーコン対応の大規模なネットワークを含む、IoT の世界を拡大します。

広い範囲にわたる革新は、現実になり始めたばかりです。医療監視デバイスは、病院や救命救急スタッフに、より速く、より遠く、血圧や血糖値などのデータを転送します。Bluetooth 搭載のメッシュ ネットワークは、産業におけるモノのインターネット(IIoT)を可能にし、製造工場において、リアルタイムでマシンの状態を追跡するという“総合的な”カバレッジを生み出します。さらに、消費者分野では、Bluetooth センサーが埋​​め込まれた新しいカテゴリの“スマート”製品により、家電で高速な通信から必要なメンテナンスまでを中継します。可能性はほぼ無限です。

Bluetooth がどのように機能するか、どのような業界で仕様されているか、Bluetooth 技術を使用した革新の理由など、詳細をご覧ください。また、最新の Bluetooth 製品ニュースについては、Bluetooth SIG のブログをご覧ください。

相互運用性を確実にする Bluetooth SIG

Bluetooth 技術はコア仕様上に構築され、その上に異なるサービスの層が重なります。Bluetooth Special Interest Group(SIG)は、コア仕様とサービスのクリエーターであり管理人です。当社の ワーキンググループ は、消費者が Bluetooth 製品を信頼し、安心して利用できるよう、その仕様とサービスが最も厳しい相互運用性規格に適応することを保証します。

技術と仕様についての詳細は、こちらでご覧ください