ベースバンド

ベースバンドに割り当てた番号で照会アクセスコードおよびデバイス/サービスのクラス (CoD) フィールドを識別します。

汎用およびデバイス固有の照会アクセスコード (DIAC)

照会アクセスコード (IAC) は Bluetooth のデバイスやサービスを検出するための第 1 レベルの絞り込みです。複数の IAC を定義する目的は主として、レンジ内でデバイスをスキャンするときの応答数を制限するためです。

# LAP 値 用途
0 0x9E8B33 汎用/無制限照会アクセスコード (GIAC)
1 0x9E8B00 制限付き専用照会アクセスコード (LIAC)
2 63 0x9E8B01-0x9E8B32、0x9E8B34-0x9E8B3F 今後使用するために予約済み

表 1: 照会アクセスコード

制限付き照会アクセスコード (LIAC) は、通常はユーザーの操作によって双方のデバイスが明示的にこの状態に移行した状況で、限られた時間だけ使用できます。LIAC の使用法の詳細については、Generic Access Profile を参照してください。

一方、汎用照会アクセスコード(GIAC)は継続的なスキャンが可能で、照会されるたびに応答します。

デバイス/サービスのクラスフィールド

デバイス/サービスのクラス (CoD) フィールドは可変長形式です。この形式は CoD 内の "Format Type フィールド" を使用して示されます。Format Type フィールドの長さは可変であり、'11' とは異なる 2 ビットで終了します。バージョンフィールドは CoD の最下位ビットで始まり、上方に拡張できます。

CoD の "フォーマット #1" (Format Type フィールド = 00) では、ビットマスクとして 11 ビットが割り当てられ(複数ビットを設定可能)、各ビットがサービスクラスの上位レベルの汎用カテゴリに相当します。現在、 7 カテゴリが定義されています。これらは "公共サービス" の性質を主とします。残りの 11 ビットは、デバイスタイプカテゴリとその他のデバイス固有の特性を示すために使用されます。[メジャーサービスクラス] フィールドにあるような予約済みでも未割り当てのビットは、0 に設定する必要があります。

メジャーサービスクラス

メジャーサービスクラスとマイナーサービスクラスは、Bluetooth SIG メンバーがアプリケーションに関連付けたいデバイスの一般的なファミリを定義します。アプリケーションの特定の機能や特性を、割り当てがメジャーデバイスクラスかマイナーデバイスクラスかだけに基づいて想定することはできません。

ビット番号 メジャーサービスクラス
13 制限付き発見可能モード [参照 1]
14 (予約済み)
15 (予約済み)
16日 位置特定 (位置認識)
17 ネットワーキング (LAN、アドホック、...)
18 レンダリング (印刷、スピーカー、...)
19 キャプチャリング (スキャナー、マイクロフォン、...)
20 オブジェクト転送 (v-Inbox、v-Folder、...)
21 オーディオ (スピーカー、マイクロフォン、ヘッドセットサービス、...)
22 テレフォニー (コードレス電話、モデム、ヘッドセットサービス、...)
23 情報 (WEB サーバー、WAP サーバー、...)

表 2: メジャーサービスクラス

[参照 1: 「Generic Access Profile」を参照 (該当するコア仕様内の Generic Access Profile を参照してください)]

メジャーデバイスクラス

メジャーデバイスクラスセグメントは、Bluetooth デバイスを定義する粒度の最上位です。デバイスの主要機能がメジャークラスの割り当てを決定します。32 のメジャークラスがあります。下表は、このメジャークラスフィールドの割り当てを定義しています。

12 11 10 9 8 メジャーデバイスクラス
0 0 0 0 0 その他 [参照 2]
0 0 0 0 1 コンピューター (デスクトップ、ノートパソコン、PDA、オーガナイザー、...)
0 0 0 1 0 電話機 (携帯、コードレス、公衆電話、モデム、...)
0 0 0 1 1 LAN /ネットワークアクセスポイント
0 0 1 0 0 オーディオ/ビデオ (ヘッドセット、ステレオ、ビデオ、ディスプレイ、VCR、...)
0 0 1 0 1 周辺機器 (マウス、ジョイスティック、キーボード、...)
0 0 1 1 0 イメージング (プリンター、スキャナー、カメラ、ディスプレイ、...)
0 0 1 1 1 ウェアラブル
0 1 0 0 0 玩具
0 1 0 0 1 健康
1 1 1 1 1 未分類: デバイスコード未指定
X X X X X その他すべての値は予約済み

表 3: メジャーデバイスクラス

[参照 2: 特定のメジャーデバイスクラスコードが適さない場合に使用 (この文書で規定されているもののみ)。メジャークラスコードが割り当てられていないデバイスは、「分類」されるまでは全て 1 のコードを使用できます。]

マイナーデバイスクラスフィールド

マイナーデバイスクラスフィールド (CoD のビット 7~2) は、メジャーデバイスクラスのコンテキストでのみ (ただし、サービスクラスフィールドからは独立して) 解釈されます。そのため、メジャーデバイスクラスフィールドの値に応じて、各ビットの意味が変化する場合があります。マイナーデバイスクラスフィールドがデバイスクラスを示す場合は、第 1 デバイスクラスを報告する必要があります。 – 例えば、コードレス電話としても動作可能な携帯電話は、マイナーデバイスクラスフィールドで 「携帯電話」を使用する必要があります。

マイナーデバイスクラスフィールド - コンピューターメジャークラス

7 6 5 4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 0 0 0 未分類、デバイスのコードが割り当てられていない
0 0 0 0 0 1 デスクトップワークステーション
0 0 0 0 1 0 サーバークラスコンピューター
0 0 0 0 1 1 ノートパソコン
0 0 0 1 0 0 ハンドヘルド PC/PDA (クラムシェル型)
0 0 0 1 0 1 パームサイズ PC/PDA
0 0 0 1 1 0 ウェアラブルコンピューター (腕時計サイズ)
0 0 0 1 1 1 タブレット
X X X X X X その他すべての値は予約済み

表 4: 「コンピューター」メジャークラスのサブデバイスクラスフィールド

マイナーデバイスクラスフィールド - 「電話機」メジャークラス

7 6 5 4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 0 0 0 未分類、デバイスのコードが割り当てられていない
0 0 0 0 0 1 携帯電話
0 0 0 0 1 0 コードレス
0 0 0 0 1 1 スマートフォン
0 0 0 1 0 0 優先モデムまたは音声ゲートウェイ
0 0 0 1 0 1 共通 ISDN アクセス
X X X X X X その他すべての値は予約済み

表 5: 「電話機」メジャークラスのサブデバイスクラス

マイナーデバイスクラスフィールド - 「LAN/ネットワークアクセスポイント」メジャークラス

7 6 5 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 常時利用可能
0 0 1 1%~17% の利用率
0 1 0 17%~33% の利用率
0 1 1 33%~50% の利用率
1 0 0 50%~67% の利用率
1 0 1 67%~83% の利用率
1 1 0 83%~99% の利用率
1 1 1 サービス利用不可
X X X その他すべての値は予約済み

表 6: LAN/ネットワークアクセスポイント負荷率

正確な負荷率の計算式は標準化されていません。負荷率は、それぞれの LAN/ネットワークアクセスポイントの実装が使用率としてどの内部状態を報告するかの決定によります。唯一の条件は、ボックス内で増え続ける通信リソースの使用を反映する数字です。推奨として、複数の LAN/ネットワークアクセスポイントが見つかったクライアントは、負荷が最小のアクセスポイントに接続を試みる必要があります。

4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 未分類 (他が該当しない場合に使用)
X X X その他すべての値は予約済み

表 7: LAN/ネットワークアクセスポイントの予約済みサブフィールド

マイナーデバイスクラスフィールド - 「オーディオ/ビデオ」メジャークラス

7 6 5 4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 0 0 0 未分類、コード割り当てなし
0 0 0 0 0 1 ウェアラブルヘッドセットデバイス
0 0 0 0 1 0 ハンズフリーデバイス
0 0 0 0 1 1 (予約済み)
0 0 0 1 0 0 マイクロフォン
0 0 0 1 0 1 ラウドスピーカー
0 0 0 1 1 0 ヘッドホン
0 0 0 1 1 1 ポータブルオーディオ
0 0 1 0 0 0 カーオーディオ
0 0 1 0 0 1 セットトップボックス
0 0 1 0 1 0 HiFi オーディオデバイス
0 0 1 0 1 1 VCR
0 0 1 1 0 0 ビデオカメラ
0 0 1 1 0 1 カムコーダー
0 0 1 1 1 0 ビデオモニター
0 0 1 1 1 1 ビデオディスプレイとラウドスピーカー
0 1 0 0 0 0 テレビ会議
0 1 0 0 0 1 (予約済み)
0 1 0 0 1 0 ゲーム/玩具
X X X X X X その他すべての値は予約済み

表 8: 「オーディオ/ビデオ」メジャークラスのサブデバイスクラス

マイナーデバイスクラスフィールド - 「周辺機器」メジャークラス

7 6 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 キーボード以外/ポインティングデバイス以外
0 1 キーボード
1 0 ポインティングデバイス
1 1 キーボード/ポインティングデバイス一体型

表 9: 「周辺機器」メジャークラスのキーボード/ポインティングデバイスフィールド

ビット  6 とビット  7 はマウス、キーボード、またはマウス/キーボード一体型のデバイスを個別に指定します。多機能デバイスでは、これらを下位ビットと組み合わせることができます。

5 4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 0 未分類のデバイス
0 0 0 1 ジョイスティック
0 0 1 0 ゲームパッド
0 0 1 1 リモコン
0 1 0 0 センサーデバイス
0 1 0 1 デジタイザータブレット
0 1 1 0 カードリーダー (例: SIM カードリーダー)
0 1 1 1 デジタルペン
1 0 0 0 バーコードや RFID 用のハンドヘルドスキャナー
1 0 0 1 ハンドヘルドジェスチャー入力デバイス (例: 「ワンド」フォームファクター)
X X X X その他すべての値は予約済み

表 10: 「周辺機器」メジャークラスのマイナークラスビット  2~ 5

マイナーデバイスクラスフィールド - 「イメージング」メジャークラス

7 6 5 4 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
X X X 1 ディスプレイ
X X 1 X カメラ
X 1 X X スキャナー
1 X X X プリンター
X X X X その他すべての値は予約済み

表 11: 「イメージング」メジャークラスのビット  4~7

ビット  4~ 7 はディスプレイ、カメラ、スキャナー、プリンターを個別に指定します。多機能デバイスでは、これらを組み合わせることができます。

3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 未分類、デフォルト
X X その他すべての値は予約済み

表 12: 「イメージング」メジャークラスのビット  2 と 3

ビット  2 と  3 は予約済み

マイナーデバイスクラスフィールド - 「ウェアラブル」メジャークラス

マイナークラスセグメントは、Bluetooth デバイスを定義する粒度の最下位です。64 の異なるマイナークラスがあります。

7 6 5 4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 0 0 1 腕時計
0 0 0 0 1 0 ポケットベル
0 0 0 0 1 1 ジャケット
0 0 0 1 0 0 ヘルメット
0 0 0 1 0 1 メガネ
X X X X X X その他すべての値は予約済み

マイナーデバイスクラスフィールド - 「玩具」メジャークラス

7 6 5 4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 0 0 1 ロボット
0 0 0 0 1 0 乗り物
0 0 0 0 1 1 人形/アクションフィギュア
0 0 0 1 0 0 コントローラ
0 0 0 1 0 1 ゲーム
X X X X X X その他すべての値は予約済み

マイナーデバイスクラスフィールド - 健康

7 6 5 4 3 2 マイナーデバイスクラス CoD のビット番号
0 0 0 0 0 0 未定義
0 0 0 0 0 1 血圧計
0 0 0 0 1 0 温度計
0 0 0 0 1 1 体重計
0 0 0 1 0 0 血糖値測定器
0 0 0 1 0 1 酵素濃度計
0 0 0 1 1 0 心拍計/脈拍計
0 0 0 1 1 1 健康データ表示器
0 0 1 0 0 0 ステップカウンター
0 0 1 0 0 1 身体組成分析器
0 0 1 0 1 0 最大流量計
0 0 1 0 1 1 投薬モニター
0 0 1 1 0 0 人工膝
0 0 1 1 0 1 人工足首
0 0 1 1 1 0 汎用健康管理装置
0 0 1 1 1 1 個人用移動装置
X X X X X X その他すべての値は予約済み