Bluetooth SIG でボランティア活動を行う

Bluetooth技術はモノのインターネット(IoT)を可能にする無線の世界標準規格です。

ボランティア活動はどのように実現されたのですか? ワーキンググループと委員会メンバーの皆様の懸命な努力と取り組みにより実現されました。この献身的な人々から構成されるグループは、新規の  Bluetooth®  仕様の開発とともに、採択された—仕様の向上を目指した取り組みを進めています。これらの仕様こそが、Bluetooth を世界で最も急激な成長を遂げている無線テクノロジーとさせている原動力となっています。

SIG でのボランティアには、メンバーごとに異なる利点があります。GN ReSound と同じです。将来のより良い基準を作成するための参加方法をお読みください。 

ワーキンググループでの対話は、常に重視重され、有効なコメント、事実、願望が考慮されます。ほとんどのエンジニアは、将来のより良い基準を作成したいと考えています。GN Hearing のハードウェアプラットフォーム担当バイスプレジデントである Thomas Olsgaard 氏は、「世界中の製品に広がることを誇りに感じます」と語っています。 

ワーキンググループへの参加は、アソシエイトとプロモーターメンバーを対象としています。グループへの加入を考慮されている場合、 ここでメンバーシップをアップグレードしてください。アダプターメンバーは、エクスパートおよび/またはスタディグループまたはタスクフォースに参加することができます。

ワーキンググループに付随する参加要件について多くの質問が寄せられています。次に示す要件は、ワーキンググループにより異なる場合があります:

  • ワーキンググループに関連する文書に貢献する
  • レビュー審査に積極的に参加する
  • ワーキンググループ設立趣意書に定められた電話会議と対面会議への参加要件を満たす

興味のあるグループが見つかったら、そのグループのウェブページにアクセスし、’“Join a Group(グループに加入)をクリックすることで、入会の申し込みをしてください。”

今すぐボランティア活動に参加して、IoT の未来を築きましょう。