スマートシティ

仕事、生活、遊びの場をつなぐ。

Bluetooth® は世界中の街をつなぎ、ビジターの体験を充実させるとともに街の住民や企業、その企業で働く人々の生活の質を向上させています。Bluetoothビーコンで、例えばコンサートの観客、美術館の来場者、スポーツファン、観光客に、パーソナライズされた充実した体験を提供できます。自転車シェアリングの広がりにみられるように人々が都市部で移動する手段に変化をもたらすシェア経済もBluetoothが支えています。

資源、公共設備、公的資金がひっ迫する中、拡大する都市人口に効果的に対応していくために、スマートなソリューションの必要性が高まっています。Bluetooth技術によって、都市部のインフラをかつて想像し得なかった方法で接続し、データ収集が可能となります。これにより、十分な情報に基づいた政策策定が行えます。

主な活用事例



スマートビルディング

ビルがスマートであるほど、都市もスマートになります。Bluetoothは、冷暖房機器(HVAC)、照明、セキュリティ等、ビルに不可欠なシステムの自動集中管理を実現します。ビルディングオートメーションは省エネ活用や運転コスト削減、ビルのコアシステムのライフサイクル改善につながります。また、ビル全体に及ぶセンサーとビーコンのネットワークを支える技術として、場所案内、資産運用管理、POIソリューション等、屋内測位と位置情報に基づいた各種サービスも実現します。






このようなインテリジェントなBluetoothデバイスは、スマートツーリズムも推進しています。美術館、競技場、空港等の来場者へ案内サービスを提供し、よりパーソナライズされた充実した体験を実現します。またスマートシティでは、地元小売業の売上増大にもBluetoothを活用します。ビーコンを活用したサービスやアプリで近接マーケティングを行い、周囲の買い物客にアプローチします。






スマートシティ マネジメント

政府や市役所等ではエネルギー効率や稼働効率を向上し、資源と予算を最大有効活用するためにBluetoothが使用されています。Bluetoothを使った道路脇の交通量センサーは、需要と交通パターンに基づいて効率的に交通の割り当てを行い、公共輸送サービスの経路を計画します。またBluetoothビーコンでは、駐車システムのスマート化や公共輸送の効率化が実現できるほか、確信をもって政策決定を行うためのデータを提供できます。





関連資料