スマート ビルディング

今日、そして未来のスマートビルディング。

Bluetooth® meshの公開とBluetoothブロードキャスト機能に拡充により、高い信頼性と安全性が求められる商用、産業用施設においても、大規模でインテリジェントなビルディングオートメーション化を実現できるようになりました。

Bluetoothの通信範囲を建物全体へと拡張できるようになったことで、屋内測位・位置情報サービスによる来客者の体験充実やビルテナントの生産性向上、スペース利用の最適化を実現し、Bluetoothがスマートビルディングの定義を押し広げています。

主な活用事例

ビルディングオートメーション

冷暖房機器(HVAC)、照明、セキュリティ等、建物に不可欠なシステムを自動で集中管理することを、ビルディングオートメーションといいます。Bluetoothは、省エネ活用や運転コスト削減、施設のコアシステムのライフサイクル改善など、ビルディングオートメーションのソリューションを実現します。


屋内測位・位置情報サービス

Bluetoothはビル全体に及ぶセンサーとビーコンのネットワークを支える技術として、場所案内はもちろん、備品・在庫管理、POIソリューション等の屋内測位と位置情報に基づいた各種サービスを実現します。先進的なサービスは、ビルのテナントや訪問者の体験を充実させ、スマートビルディングへの長期間におよぶ投資効果を実現します。




スマートリテール

小売業ではBluetoothを活用し、スマートシェルフに接続してパーソナライズされた販促の展開や場所案内サービスを提供することで、ショッピング体験の向上、売上拡大、営業コスト削減を実現します。

スマートオフィス

Bluetoothは、企業のオフィスづくりの未来にも貢献します。センサーに基づいた専有スペースの高度なマッピングとスマートな会議スペースは、ワークフローの効率改善、社員の満足度や成果の向上、利益の実現につながります。

スマートホスピタル

医療施設では、Bluetoothの技術を用いて患者の状態監視、備品・在庫管理、緊急サービス強化を図ることで、コスト圧力に対抗し、より優れた看護サービスを提供するだけでなく、業務効率も向上させます。



ホワイトペーパー

Bluetooth 5 - より速く、
より長距離を実現する

ダウンロード 



関連資料