自動車

接続の標準技術が、安全性を新たなスタンダードへと変える。

今やBluetooth®は、自動車業界では欠かすことのできない存在。車とドライバーをつなぐことで安全性を新たな段階へと引き上げ、車内をさらに快適にしています。

ハンズフリー通話やオーディオストリーミングを可能にする車載インフォテインメントシステムは、ドライバーのわき見運転を減らして、より安全な運転環境を実現しています。その車載インフォテインメントシステムを裏で支えているのがBluetoothです。

Bluetoothは、ほぼすべての新車に標準搭載されています。燃費向上、ドライバーの疲労対策、そして車やドライバー、周囲の街との情報連携等、魅力的で新しい様々なサービスが登場しようとしています。

主な活用事例


車載インフォテインメントシステム

ドライバーは、自分の車とは特別な絆で結ばれているものです。Bluetoothのワイヤレス技術は、かつてないほどにその絆を強固なものにします。Bluetoothの車載インフォテインメントシステムをドライバーのスマホとペアリングすれば、ハンズフリーのオーディオストリーミングやアプリケーション操作が行えます。またBluetoothは車内環境を快適にするだけではありません。ドライバーにとって最も重要なこと、「安全な運転」に集中できるようにします。



リモート キーレスエントリーシステム

今では、スマホがキーフォブとしても使える時代になりました。Bluetooth技術により、自動ロックやロック解除のための近接センサーとして使えるほか、シート位置の調整、別のドライバーへの仮想キーの送信等、実現できる便利機能の幅が広がりました。



ドライバー用ウエアラブル機器

バイオメトリクスとBluetoothにおける進歩が、運転体験に変化をもたらします。ドライバー用ウエアラブル機器は血圧、心拍数、活動レベルを管理し、眠気や疲れの兆候を感じ取ると、ドライバーに警告を発し、物流における長距離運転や遠出の安全性を高めます。


車載ネットワーク&コネクテッドメンテナンス

燃費基準が厳しくなるにつれ、製造コストを抑え車体の軽量化で燃費向上を図るために、有線のシステムを無線へ置き換える必要性が高まります。Bluetoothは無線センサーシステムをつなぎ、診断情報を送信。リアルタイムに警告を発して商用車や一般車のメンテナンスを容易にしています。


ホワイトペーパー

Bluetooth 5 – より速く、より長距離を実現する

ダウンロード