相互運用可能試作品テストイベント (IOP)

相互運用性は、すべての Bluetooth 技術ソリューションに不可欠です。

消費者にとって、相互運用性とは Bluetooth 対応製品が期待どおりに連携して動作することを意味します。開発者にとっては、Bluetooth 技術のソリューションが互換性のあるプロファイルと役割をサポートすることを意味します。

Bluetooth SIG の目標は、メンバーが製品を市場に出す前に、デバイス間の相互運用性の問題を特定して対処できるように支援することです。’これを達成するために、Bluetooth SIG では年間を通じて世界中で相互運用可能試作品テストイベント (IOP) を提供しています。これらのイベントは特定業界や特定の仕様バージョン用に企画されます。IOP は、SIG メンバーが試作フェーズ中に新しい仕様を確認し、メンバーが希望した使用シナリオで相互運用性を最適化するのに役立ちます。

アダプターを含むメンバー全社にこのイベントへの参加をお勧めします。新しい仕様に関する早期の洞察と採用スケジュールを使用して、加盟メンバーは新機能をいち早く市場にもたらすことによって競争上優位に立つことができます。

今後の UPF および公式 IOP 機会のリストについては、イベントページをご覧くださ。