認証執行プログラム

幅広い認知度と信用のある Bluetooth の名前、ロゴ、ブランドは大きな利点を提供します

Bluetooth 執行プログラムは、すべての Bluetooth 製品が正しく認証、宣言、およびブランド化されていることを認定して、Bluetooth SIG の全メンバーを保護します。執行プログラムでは、市場を監視し、メンバーが Bluetooth ブランドガイドに従って商標を使用していること、および Bluetooth 認可と申請の両方のプロセスが正常に完了している商品やサービスを販売していることを確認する毎月の監査を実施しています。

2016 年 6 月の時点で、このプログラムによって以下の問題が発見されました。

  • 870 件の認証執行に関する問題
    • 不完全な認証と申告に関する 718 件の問題
    • 商標、認証や申告に必要な修正、欠落している製品などに関する 152 件の問題
  • 停止中の 280 件のメンバーシップ

ブランドおよび認証に関する追加情報

商品やサービスに Bluetooth のワードマークやロゴを使用する義務はありませんが、商標を使用する場合は、Bluetooth SIG のメンバーが正式に申請した製品にのみ使用できます。要件を満たしていないメンバーや、自社の製品やブランドに Bluetooth 商標を不正に使用したメンバーは、執行措置の対象となります。

Bluetooth の名前やロゴは消費者の信頼と知名度という利点を提供するので、製品を申告せずに Bluetooth の名前やロゴを合法的に使用することはできません。Bluetooth 特許 & 著作権ライセンス契約と Bluetooth 商標ライセンス契約の条件を確認することをお勧めします。疑問点については、貴社の法律顧問にご相談ください。

その他のリソース

弊社の製品は申告する必要がありますか。

“弊社の製品は申告する必要がありますか。”よくこの質問を受けます。答えはイエスです。全員が認証する必要はありませんが、以下の業務を行うメンバーは宣言および登録プロセスを完了する必要があります。

  • Bluetooth 製品を自社製品として組み立て、ブランド化、製造、表明している
  • ホワイトラベルの Bluetooth スピーカーを購入し、別の名前でブランド化して販売している
  • 認証済みの Bluetooth モジュールを製品内部に搭載している

別の会社の Bluetooth 製品を販売または卸売しているだけで、自社製品としてブランド化や表明をしていない小売店やサプライヤーは、製品の認証も申告も不要です。’「製品を宣言または認証する必要がありますか。」を読む”

製品を申告しなければ、どうなりますか。    

執行措置の対象となります。エスカレーションスケジュールの要点については、ここに記載されている最新の方針をお読みください。修正処置が実行されない場合は、Bluetooth SIG メンバーシップは停止または取り消されます。

メンバーは違反を報告できます。

Bluetooth SIG のメンバーは、違反を報告することによって、このプログラムの主な情報源となります。多くの国では、税関も商標違反の報告の一端を担い、商標を不正に使用している製品や、SIG の登録データベースに含まれていない製品を押収しています。製品に違反の疑いがある場合は、ここから報告できます。