製品を宣言または認証する必要がありますか

Bluetooth 商標 (「Bluetooth」という単語を含む) を使用している製品を販売、ブランド化、再ブランド化するには、Bluetooth 認証および宣言プロセスを完了して、製品が Bluetooth ライセンス契約の要件を満たしていることを証明し、宣言する必要があります。 

このプロセスは、“認証"、“申告"、“Bluetooth 認定"、“宣言" などと呼ばれることがあります。”認証と宣言の両方を完了した製品のみが Bluetooth の商標を表示したり、売りにしたり、あるいはこの商標名で販売されることができます。

注: 別の会社の Bluetooth 製品を販売または卸売しているだけの場合は、自社製品としてブランド化や表明をしていない小売店やサプライヤーは、製品の認証も宣言も不要です。’ 

認証&宣言プロセス

認証と宣言は、Bluetooth 設計が実際にどのように構成されているか (モジュールまたはスタック) によって、2 通りの方法があります。 

方法 1: 宣言のみ

自社が開発または所有していない Bluetooth 設計を使用する場合は、ここから始めてください。

以下に例を示します。

  • 他の会社の Bluetooth モジュールを一切の変更または追加を行わずに自社の製品に使用する
  • 第三者によって製造された完成品に自社のロゴを追加する

使用する Bluetooth 設計は以前に認証を受けている必要があり、いかなる形でも変更または追加できません。

以前に認証済みの設計


方法 2: 新規 & 変更された設計

新規設計を開発中ですか。認証プログラムを経ていない製品に新規 Bluetooth 設計を使用する場合、または変更が加えられた以前に認証済みの設計を使用する場合は、このオプションを選択します。

以下にこのオプションの例を示します。

  • Bluetooth モジュールを作成または変更している
  • Bluetooth モジュールを一から作成している

新規 & 変更された設計

手順:

上のどちらの方法を使用すべきかわかれば、その手順に従って Bluetooth 製品を市場に出します。

手順 1   メンバーになる   両方の方法
手順 2   製品情報 (QDID) を調査するか、サプライヤーから入手する 
  方法 1
手順 2   製品の認証   方法 2
手順 3   宣言 ID を購入する   両方
手順 4   認証の書類を提出する   方法 2
手順 5   宣言を作成して提出する   両方
手順 6   Bluetooth 製品のブランド化   両方