Bluetooth BR/EDR: ポイント ツー ポイント

基本レート/拡張データレート(EDR)と呼ばれるBluetooth コア仕様バージョン 2.1 によって、消費者は Bluetooth デバイスを簡単に接続できるようになりました。

Bluetooth® BR/EDR は継続的な無線接続を実現します。また、1 対 1 (1:1) のデバイス通信のためにポイント ツー ポイント (P2P) ネットワークトポロジーを使用します。Bluetooth BR/EDR はオーディオストリーミング用に最適化されていて、無線スピーカー、マイク付きヘッドフォン、車載ハンズフリーシステムなどに活用できます。

サンプル市場

無線マイク付きヘッドフォン

Bluetooth 対応マイク付きヘッドフォンは携帯電話になくてはならないアクセサリーです。新しい高性能ソリューションにより、ユーザーはオフィスでも外出先でも電話の発信・着信ができるほか、最高品質のミュージックエクスペリエンスを楽しめます。


無線スピーカー

自宅のハイファイエンターテイメントシステムであれ、ビーチや公園での屋外用スピーカーであれ、ユーザーの特別なニーズを満たすあらゆる形状とサイズのスピーカーが見つかります。水の中でも大丈夫。


車載システム

自動車市場の大黒柱、Bluetooth 技術は現在発売されている実に 90% 以上の新車で採用されています。Bluetooth 無線機能はドライバーの安全を向上するだけでなく、車載エンターテイメントエクスペリエンスを充実さます。


市場サイズ

BR/EDR を使用する Bluetooth デバイスの市場規模は過去 10 年で着実な伸びを見せ、2016 年には 5 億台を突破しました。そして、2021 年にはデバイスの台数が 10 億台に達する見込みです。