適材適所の無線方式

Bluetooth®技術は2.4GHzの免許不要のISM(産業・科学・医療用)バンドを動作帯域としています。各種市場におけるそれぞれの接続要件を満たす製品を開発できるよう、2つの無線方式に対応しています。

高品質が求められる、スマホとスピーカー間のオーディオストリーミング。タブレットと医療機器間のデータ転送。数千のノードが互いにメッセージをやりとりするビルオートメーションシステム。Bluetooth LE(Low Energy)とBluetooth BR/EDR(Basic Rate/Enhanced Data Rate)は、開発対象が何であれ、世界中の開発者の個々のニーズに応えられるよう設計されています。

Bluetooth Low Energy (LE)

Bluetooth LE(Low Energy)は低消費電力用の設計で、データ転送ソリューション向けに最適化されています。2.4GHz周波数帯で信頼性の高い通信を実現するため、40のチャネルでデータを送信する、AFH(Adaptive Frequency Hopping)という堅固なアプローチを採用。125Kb/s~2Mb/sの通信速度、1mW~100mWの出力レベルに対応する複数のPHYオプション等、開発の際の柔軟性も高くなっています。また、官公庁グレートのセキュリティオプションも用意されているほか、ポイントツーポイントブロードキャストメッシュといった複数のネットワークトポロジーにも対応しています。

Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate (BR/EDR)

Bluetooth BR/EDRは低消費電力用の設計で、ワイヤレスオーディオ等、データストリーミングを行うアプリケーション向けに最適化されています。BR/EDRでもAFH(Adaptive Frequency Hopping)という堅固なアプローチを採用しており、79のチャネルでデータを送信します。Bluetooth BR/EDRには複数のPHYオプションが用意されており、1Mb/s~3Mb/sの通信速度、1mW~100mWの複数の出力レベルに対応します。また、複数のセキュリティオプションが使用できるほか、ポイントツーポイントのネットワークトポロジーにも対応しています。

Bluetooth Low Energy (LE) Bluetooth Basic Rate/
Enhanced Data Rate (BR/EDR)
Optimized For… Short burst data transmission Continuous data streaming
Frequency Band 2.4GHz ISM Band (2.402 – 2.480 GHz Utilized) 2.4GHz ISM Band (2.402 – 2.480 GHz Utilized)
Channels 40 channels with 2 MHz spacing
(3 advertising channels/37 data channels)
79 channels with 1 MHz spacing
Channel Usage Frequency-Hopping Spread Spectrum (FHSS) Frequency-Hopping Spread Spectrum (FHSS)
Modulation GFSK GFSK, π/4 DQPSK, 8DPSK
Power Consumption ~0.01x to 0.5x of reference
(depending on use case)
1 (reference value)
Data Rate LE 2M PHY: 2 Mb/s
LE 1M PHY: 1 Mb/s
LE Coded PHY (S=2): 500 Kb/s
LE Coded PHY (S=8): 125 Kb/s
EDR PHY (8DPSK): 3 Mb/s
EDR PHY (π/4 DQPSK): 2 Mb/s
BR PHY (GFSK): 1 Mb/s
Max Tx Power* Class 1: 100 mW (+20 dBm)
Class 1.5: 10 mW (+10 dbm)
Class 2: 2.5 mW (+4 dBm)
Class 3: 1 mW (0 dBm)
Class 1: 100 mW (+20 dBm)
Class 2: 2.5 mW (+4 dBm)
Class 3: 1 mW (0 dBm)
Network Topologies Point-to-Point (including piconet)
Broadcast
Mesh
Point-to-Point (including piconet)

* Devices shall not exceed the maximum allowed transmit power levels set by the regulatory bodies that have jurisdiction over the locales in which the device is to be sold or intended to operate. Implementers should be aware that the maximum transmit power level permitted under a given set of regulations might not be the same for all modulation modes.

Related Resources

Bluetooth Core Specification v5.1 Feature Overview

Bluetooth Core Specification v5.1 contains a series of updates to the Bluetooth core specification. This document summarizes and explains each change.

Enhancing Bluetooth Location Services with Direction Finding

See how the new direction finding feature will enhance the performance of Bluetooth location services solutions